東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部 | Graduate School of Pharmaceutical Sciences & Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University

薬学研究科修了後の進路

トップページ  >  進路  >  薬学研究科修了後の進路

概要

多様な分野から強い求人希望が寄せられるが、過半数の修士課程修了生は製薬企業や臨床医学関係の研究所に就職し、医薬品の創製、薬理、製剤の研究部門に配属される。化学、食品、繊維、精密機器などの工業でもライフサイエンスの研究開発を行っているところが多く、これらの企業に就職し研究所に配属される者も多い。
 その他、臨床分析、センサーなど、さらには測定機器や機能性材料の研究開発など、多様な業種に採用され研究部門に配属されている。また、国家・地方公務員に採用され、医薬、衛生、安全、環境などの研究、行政職で活躍している者もいる。さらに毎年25%前後の学生が博士課程へ進学している。

ディプロマポリシー(薬学履修課程)

本専攻に4年以上在学し、専門科目を合わせて32単位以上(医療薬学特別講義T及びU4単位、医療薬学特別研究20単位を含む)を修得し、必要な研究指導を受けた上で博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格し、自立して医療薬学の研究を推進することができるものと判定されることを修了要件とする。

 腫瘍専門薬剤師養成コースは、専門科目を合わせて35単位以上(医療薬学特別講義T及びU4単位、がん専門薬剤師系統講義4単位、がん薬物療法学演習4単位、がん専門薬剤師実習5単位、医療薬学課題研究DC10単位を含む)を修得し、必要な研究指導を受けた上で博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格し、腫瘍専門薬剤師として業務に従事できると判定されることを修了要件とする。ただし、特に優れた研究業績を上げたと研究科委員会において認めた場合には、3年以上在学すれば足りるものとする。薬学部以外の出身者についても同様である。この過程を通じて、医療薬学に関する広範囲な知識と技術を有し、新しい研究開発を推進できる自立した研究者及び技術者を養成する。

博士課程前期2年修了生の進路状況

本研究科の平成22〜24年度の博士課程前期2年修了生の進路を円グラフで示します。
修士進学状況

就職先一覧(平成24年度・順不同)

数字は就職者の人数を示します。
陽進堂 1
日本曹達 1
日産化学工業 1
日本医薬情報センター 1
大正製薬 2
ヤマサ醤油 1
ダイセル 1
大塚製薬 2
三共理化学 1
旭化成 1
日本赤十字社 1
日本ロレアル 1
住友精化 1
アース製薬 1
富士フィルム 1
広栄化学工業 1
DIC 1
中外製薬 3
住友化学 1
田辺三菱製薬 2
小林薬品工業 1
VSP 1
名古屋製酪 1
コーセー 1
メディカルシステムズ 1
ハイテック 1
小野薬品工業 3
埼玉県庁 1
シミック 1
大日本住友製薬 1
三菱化学メディエンス 1
久光製薬 1
大鵬薬品工業 1
キリンビール 1
花王 2
参天製薬 1
三和化学 1
寿製薬 1
雪印メグミルク 1
住化分析センター 1
アステラス製薬 1
   

博士課程後期3年修了生の進路状況

本研究科の平成22〜24年度の博士課程後期3年修了生の進路を円グラフで示します。
修士進学状況

就職先一覧(平成24年度・順不同)

数字は就職者の人数を示します。
瀋陽薬科大学 1
興和 1
東北大学病院薬剤部 2
第一三共 1
大日本住友製薬 1
小野薬品工業 1
防衛省陸上自衛隊 1
ニプロファーマ 1
   

ページトップへ ↑

ご意見・ご質問はwww@mail.pharm.tohoku.ac.jpまで