東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部 | Graduate School of Pharmaceutical Sciences & Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University

薬学履修課程

トップページ  >  教育  >  薬学履修課程

アドミッションポリシー

 本研究科では、健康の維持、増進や疾病の治療に貢献することを目標に、新規医薬品や薬理活性物質の創製、疾病の分子機構と医薬品の作用機構の解明、新規薬物療法の開発と医薬品の適正使用などに関する教育・研究を行なっています。
 分子薬科学専攻及び生命薬科学専攻博士課程前期2年の課程では、物質科学や生命科学の高度な知識と技術を獲得したいという意欲を持つ人、博士課程後期3年の課程では、医薬品の創製や疾病の分子機構の解明などに強い関心を持ち、将来は創薬科学領域でリーダーとして社会に貢献できる人を求めています。推薦入学(博士課程前期2年の課程)では、学業成績が極めて優秀で、物質科学や生命科学に関する広範な知識、技術の修得に強い熱意を持ち、創薬科学領域のリーダーとなる人を求めています。
 医療薬学専攻博士課程(薬学履修課程)では、医療薬学を中心とする薬学の知識や技術を修得し、将来は薬学の専門家として医療の一翼を担い得る人を求めています。腫瘍専門薬剤師養成コースは、腫瘍領域で先導的役割を担う腫瘍専門薬剤師を目指す人を対象にしています。スーパージェネラリスト・ファーマシスト養成コースは、チーム医療における薬剤の専門家として、高度な先進的薬学分析力をもとに主体的に薬物治療に参画する薬剤師を目指す人を対象にしています。

カリキュラムポリシー

1 分子薬科学・生命薬科学専攻博士課程前期2年の課程では、創薬および生命薬学研究のための基盤的・先端的な専門知識と疾病に関わる生命科学、情報科学、創薬科学の研究技術を修得させ、最先端の創薬科学研究を自らの力で推進できる能力を涵養し、優れた研究者を養成する。
2 分子薬科学・生命薬科学専攻博士課程後期3年の課程では、創薬および生命薬学研究のための先端的な専門知識と創薬に向けた革新的な合成反応および方法論を開発する技術と疾患治療に向けた革新的な医療技術、新薬を開発する技術を修得させ、創薬科学の研究・教育機関において将来リーダーとなる研究者を養成する。
3 医療薬学専攻博士課程では、高度な専門薬剤師として専門知識と技能、臨床研究を企画・遂行できる能力を修得させ、臨床開発研究・教育・医療機関において将来リーダーとして、医薬品の臨床開発に貢献する薬剤師を養成する。さらに、地域医療の中核となる専門薬剤師として、救急医療、セルフメディケーション、在宅医療を担う専門知識と技能を涵養し、優れた薬剤師を養成する。
4 幅広い視野から自己の研究を位置づけ、自己の研究の成果と意義を国際的水準で議論し、論理的に研究を展開できる能力を養わせる。
5 専門分野にとらわれない分野横断的な学際領域を学べるカリキュラムを実施して、自己研鑽できる研究力量と国際性をもち、医薬品開発に貢献できる研究者を養成する。

ディプロマポリシー

1 分子薬科学・生命薬科学専攻博士課程前期2年の課程では2年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が掲げる教育理念・目標に沿って設定した講義科目、演習科目、実験科目を履修して30単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し、所定の試験に合格することが学位授与の要件である。
2 分子薬科学・生命薬科学専攻博士課程前期2年の課程では幅広い学識を備え、医薬品開発における創製と分子解析および疾病の分子機構と医薬品の作用機序に関する研究力量と高度な薬学の専門性を必要とする職業を担うための優れた能力を身につけていることが課程修了の要件である。
3 分子薬科学・生命薬科学専攻博士課程後期3年の課程では3年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が掲げる教育理念・目標に沿って設定した講義科目、演習科目、実験科目を履修して28単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することが学位授与の要件である。
4 分子薬科学・生命薬科学専攻博士課程後期3年の課程では、研究者として自立して活動できる専門的、先端的な研究能力を有し、国際的に分子薬科学および生命薬科学研究を先導できる優れた能力を身につけていることが課程修了の要件である。
5 医療薬学専攻博士課程(医療薬学コース)では4年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が掲げる教育理念・目標に沿って設定した講義科目、演習科目、実験科目を履修して32単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することが学位授与の要件である。
6 医療薬学専攻博士課程(腫瘍専門薬剤師コースおよびスーパージェネラリスト・ファーマシスト養成コース)では4年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が掲げる教育理念・目標に沿って設定した講義科目、演習科目、実験科目を履修して35単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することが学位授与の要件である。
7 医療薬学専攻博士課程では薬物療法の開発・適正化、薬物の安全性予測・薬効評価法に関する国際標準の臨床研究を先導できる優れた能力を身につけていることが課程修了の要件である。

ページトップへ ↑

ご意見・ご質問はwww@mail.pharm.tohoku.ac.jpまで