東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部 | Graduate School of Pharmaceutical Sciences & Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University

附属薬用植物園

トップページ  >  関連施設・事務部  >  附属薬用植物園

施設概要

植物成分そのものが薬として使われたり、植物成分をもとにして新しい薬が開発されたり、また、漢方薬のように薬用植物が薬として使われるなど、薬と植物は極めて密接な関係にあります。
自然環境に恵まれた薬用植物園は全国一の規模を誇り、約1,200種もの重要な薬用植物を栽培しています。これらの薬用植物は"生きた教材"として学生の教育に活用されるとともに、新しい医薬品を開発するための研究材料として幅広く利用されています。

職員

園長〔併〕教授 大島 吉輝
Yoshiteru Oshima
技術職員 大沼 翼
Tsubasa Onuma
技術職員 佐伯 健人
Kento Saeki
  大場 慶司
Keiji Ohba

研究内容

薬用植物の収集と栽培方法の改良
重要薬用植物の系統栽培

連絡先

TEL : 022-795-6798, 6799
FAX : 022-795-6798

ページトップへ ↑

ご意見・ご質問はwww@mail.pharm.tohoku.ac.jpまで