東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部 | Graduate School of Pharmaceutical Sciences & Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University

研究科長あいさつ

トップページ  >  研究科長あいさつ
全景
薬学部長・薬学研究科長
根東 義則

 人類はその長い歴史の中でつねに病気と闘い、新しい治療法を生み出してきました。薬は病気の治療において極めて重要な役割を果たしており、科学技術の進歩に伴いより優れた医薬品が次々と開発されています。しかし、がんや認知症などまだ克服できない病気も多く、さらなる創薬研究に期待が高まっているとともに、新たな病気の脅威に迅速に対応することも求められています。また一方で医薬品の適正な使用には高度な知識と判断力が求められ、医療の現場で最先端の医薬品治療の専門家として活躍する人材も大きく期待されています。本薬学部では医薬品を様々な視点で捉え人類の健康と福祉の発展に貢献できる人材を育成することを教育理念としています。

 東北大学薬学部は、昭和32年に設置された東北大学医学部薬学科を出発点として、昭和47年には学部として開設されました。東北地方における唯一の国立薬学研究教育機関として、国内外の製薬・化学・食品・材料関連企業、大学、病院、公的機関などにおいて、研究開発、教育、医療、行政などの広い分野で活躍するリーダーを多数輩出しています。物質と生物の関わり合いを取り扱うことのできる薬学出身者には社会から大きな期待が寄せられています。

全景

 薬学部には、創薬科学の発展に貢献する人材を育成する4年制創薬科学科と薬の専門家として医療に関わる6年制薬学科が設置され、伝統ある創薬科学、進歩著しい生命薬科学、医療現場で貢献する医療薬学の融合的な研究教育を行っています。加えて大学院薬学研究科では独創的で先端的な研究でリーダーシップを発揮できる薬学研究者・技術者を養成しています。志高く、知的好奇心と賢明さに溢れた若者とともに、鋭敏で柔軟な国際感覚を大切にしながら、社会的な課題に力強くチャレンジし、人類の健康な長寿を目指した世界を作り上げることを目指します。

ご意見・ご質問はwww@mail.pharm.tohoku.ac.jpまで