メニュー 閉じる

新型コロナウイルス感染の疑いのある症状が出た場合の連絡

 現在、仙台市は次のいずれかに該当する方は「仙台市宮城県相談窓口(コールセンター)」へ電話をして受診をすることを推奨しています。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

その際は、速やかにコールセンター(022-398-9211)に連絡し、指示に従うとともに、必ず下記のワードファイル(学生・教職員用に別)をダウンロードのうえ記入して、薬学研究科総務係長 菊地 shigeo.kikuchi.a2@tohoku.ac.jp あてにEメールで報告して下さい。医療機関を受診する際は、事前に電話連絡の上できるだけマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて下さい。

【報告が必要な場合】
1.感染の疑いがある者
 ① 同居人が罹患した者
 ② 宮城県・仙台市のコールセンターに連絡し、指示を受けた者
 ③ コールセンターの指示を受けて医療機関を受診した者
2.濃厚接触者とされた者、あるいは罹患者と接触した者、COCOAの通知を受けた者
3.PCR検査受検者

学生用連絡様式ファイル

教職員用連絡様式ファイル