東北大学大学院薬学研究科 東北大学薬学部 | Graduate School of Pharmaceutical Sciences & Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University

プレスリリース一覧

トップページ  >  薬学研究科のちから  >  プレスリリース一覧
  • 2018.05.25   徳山英利教授らの研究グループは、細胞内に自発的に入る無毒性の蛍光ナノゲル温度計を開発しました。
  • 2018.05.22   福永浩司教授らの研究グループは、重度知的障がいをきたす指定難病のひとつである「ATR-X症候群」の治療薬候補を世界で初めて発見しました。
  • 2018.02.22   平澤典保教授らの研究グループは、ニッケルイオンにより誘発される炎症細胞の活性化が、生理的濃度の亜鉛イオンにより抑制されることを明らかにしました。
  • 2017.12.04   平田祐介助教、松沢厚教授らの研究グループは、酸化ストレスを介した細胞死を促進する新規がん抑制分子を発見しました。
  • 2017.08.17   井上飛鳥准教授、青木淳賢教授らの研究グループは肺動脈性肺高血圧症の治療薬ボセンタンの作用機構を解明しました。
  • 2017.08.10   井上飛鳥准教授、吉田将人助教、土井隆行教授、青木淳賢教授らの研究グループは生理活性脂質リゾホスファチジン酸が受容体により認識される分子機構の一端を解明しました。
  • 2017.08.08   稲田利文教授らのグループは、様々な疾患の原因となる異常タンパク質の合成を抑制する品質管理の分子機構を解明しました。
  • 2017.05.17   高橋信行 准教授らのグループは、妊娠高血圧症候群の原因のひとつとされていた「酸化ストレス」が、妊娠高血圧症候群を発症している母体や胎児の病態を改善することを発見しました。
  • 2017.04.07   平田祐介助教、野口拓也准教授、松沢厚教授、青木淳賢教授、福永浩司教授らの研究グループはトランス脂肪酸による疾患発症機序の一端を解明しました。
  • 2017.03.24   東北大学災害科学国際研究所、薬学研究科大島吉輝教授・菊地晴久准教授、吉備国際大学らの研究グループにおいてデングウイルス感染症の重症度マーカーを低下させる物質を発見しました。
  • 2017.02.27   東北大学医学系研究科、東北大学薬学研究科 高橋信行 准教授、佐藤博 教授、東北メディカル・メガバンク機構らの研究チームにおいて、腎性尿崩症の新たな発症メカニズムを発見しました。
  • 2017.01.26   福永浩司教授らの研究グループは新しいアルツハイマー病治療薬シーズを開発しました。
  • 2016.12.13   東北大学大学院薬学研究科の福永浩司教授、岐阜薬科大学の塩田倫史准教授らの研究グループはと統合失調症治療の標的分子として知られるドパミンD2 受容体の新しい生理機能を発見しました。
  • 2016.11.14   薬学研究科・医学系研究科の橋信行准教授らの研究グループは妊娠高血圧腎症の新規治療薬を発見しました。
  • 2016.11.11   佐藤 博教授らの研究グループにおいて、佐藤 恵美子助教、森 建文准教授らは、腎臓病患者で筋力の低下と筋萎縮が生じる機序を解明しました。
  • 2016.11.04   森口茂樹講師、福永浩司教授らの研究グループはアルツハイマー病治療薬であるメマンチンが脳インスリンシグナルを改善することを発見しました。
  • 2016.07.22   7月22日に吉田浩子講師による記者説明会「原発災害が宮城県の母子に与えた心理的影響」を開催いたしました。
  • 2016.06.16   臨床薬学分野共同研究グループの研究成果が米国の米国心臓協会学会誌「Arteriosclerosis、Thrombosis、and Vascular Biology」に掲載されました。
  • 2016.06.01   吉田浩子講師の福島原発事故の調査結果が英国科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。
  • 2016.05.18   臨床薬学分野共同研究グループの研究成果が米国の科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました。
  • 2015.10.28   倉石貴透元助教(現:慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室専任講師)と倉田祥一朗教授ら研究グループの研究成果がScience Signaling誌電子版に掲載されました。
  • 2014.12.22   吉田浩子講師の福島原発事故の調査成果がSciRepに掲載されました。
  • ページトップへ ↑

    ご意見・ご質問はwww@mail.pharm.tohoku.ac.jpまで