先進脳創薬講座のメンバー

名誉教授 福永 浩司

福永 浩司先生は、1980 年に熊本大学薬学研究科を修了後、同大学医学部において助手に採用され、1985年に医学博士を取得されました。1988年から米国バンダービルト大学 HHMI 博士研究員として研鑽を積まれ、1990年には熊本大学医学部講師、1993年には同助教授、さらに2002年には東北大学薬学研究科教授にご就任されました。先生は1982年に、CaM kinase II (CaMKII)を発見して、精神遅滞のスパイン形成異常におけるCaMKIIの役割、脂肪酸結合タンパク質(FABP)によるドパミンD2受容体の機能調節、FABPによるレビー小体病の発症機構の解明など、多くの研究成果をあげられました。神経科学に加えて、CaMKIIとFABPを標的としたアルツハイマー病、レビー小体病の治療薬シーズの開発など、創薬科学にも貢献されました。学会活動では英文誌 JPSの編集委員長、理事を長らく務められ、日本薬理学会に多大な貢献をされました。これまでの研究成果を事業化されて創薬事業においてご活躍中です。

Researchmap: https://researchmap.jp/kojifukunaga
第8回日本薬理学会学術奨励賞、熊本医学会奨励賞、Journal of Pharmacological Sciences 編集委員長、日本薬理学会理事、日本脳循環代謝学会理事、日本脳科学会理事、日本NO学会理事、第47回日本脳科学会大会長 他

特任准教授 川畑 伊知郎

川畑 伊知郎先生は、2009年に東京工業大学生命理工学研究科で博士(理学)を取得後、2010年に東北大学大学院薬学研究科・薬物療法学分野に助教として赴任し、2014年より薬理学分野の特任助教、2020年に特任准教授に就任されました。先生は、パーキンソン病の発症機構の解明と治療薬開発を目指し、ドパミン神経選択的な変性メカニズムの解明、ドパミン機能を制御する新規分子機構の発見、新たな創薬標的の探索研究に取り組んでおられます。また、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症に代表される認知症の創薬研究にも取り組まれ、神経変性過程に必須となるユニークな分子機構の発見から、アルツハイマー病やパーキンソン病の予防・治療応用に取り組んでおられます。さらにパーキンソン病を含むレビー小体疾患の創薬研究に加え、疾患の個別化予防に必須となる超早期診断技術を開発し、診断・予防・治療の各ステップから脳健康長寿社会の実現にむけご活躍中です。

Researchmap: https://researchmap.jp/ichiro_kawahata
第36回日本薬理学会学術奨励賞、第46回日本脳科学会奨励賞、第17回インテリジェント・コスモス奨励賞、APSBMS Outstanding Research Award、日本薬理学会学術評議員、Frontiers in Neurosci. Guest Editor 他

客員准教授 吉野 博(白鳥製薬株式会社)

吉野 博先生は白鳥製薬株式会社から先進脳創薬講座に参画されています。先生は、有機合成および低分子化合物構造最適化で世界をリードする白鳥製薬のメンバーとして、最先端脳機能評価系や精神疾患と神経変性疾患のシーズ開発をリードする本先進脳創薬講座の技術と融合し、本講座における認知症および難治性精神疾患を克服する治療薬、診断技術に参画されます。