東北大学大学院薬学研究科 附属薬用植物園










知識の啓蒙

薬用植物はクスリとして用いられるばかりではなく、普段の健康維持にも結びつく大切な資源です。本園では、月〜金曜日(祝日を除く)は園内を一般公開しています。園内ではハイキング感覚で薬用植物の自生状態を観察することができ、植物園スタッフから薬用植物の栽培方法や生薬・漢方方剤などの知識を得ることができます。

自家用車でお越しの際は入構ゲートを管理する理学部管理棟1階警備員室にて一時入構手続きを行った上で入構して下さい。



10名以上でお越しの際は、事前に下記までお問い合わせ下さい。

Tel 022-795-6799
Mail garden@mail.pharm.tohoku.ac.jp

※ 個人情報につきましては、個人情報に関する法令に則って適正に管理します。



研究

  −薬用植物園研究室では、天然薬物資源の保護を目的として−

 国内外の薬用植物を収集して栽培する研究を行っています。
特に、カンゾウ、トリカブト、カノコソウ、ショウマ、ムラサキをはじめとする重要生薬については、品種保存と品質保持のために系統栽培を行っています。