title

本事業の目標

全体計画

有機化学は、物質、生命、医療、環境、エネルギーから材料科学まで、広範な学術領域の本質に関与する基礎学問であり、医薬・農薬、食品、化学、電子・電気、自動車工業など世界の基幹産業に密着して人類と現代文明の発展を支えてきた。

有機化学を基盤とする学術領域は、歴史的にはヨーロッパ・北米に勃興し、その発展を先導する指導的人材育成の拠点は欧米の研究機関を中心に形成され、我が国を始めとするアジア諸国は欧米に追随するかたちで学術環境を整備・拡充させてきた。近年、化学産業のグローバル化が進み、特にアジア地域での経済交流が活性化し、アジア諸国の経済成長と学術環境の急速な発展を促してきた。一方、資源・エネルギー、食糧、環境、新興・再興感染症の抑止等、世界的規模で喫緊の対策が求められる諸問題が顕在化し、その解決のため化学には一層の力量向上が求められている。

発展著しいアジア諸国に次世代の有機化学を先導する人材育成に資する研究拠点を創生することは、アジア地域のみならず人類の持続的な発展に貢献する事業と位置付けられる。本事業は、日本学術振興会アジア研究教育拠点事業(Asian Core Program)において形成された、日本を中心とした、中国、韓国、台湾、シンガポール、タイ、マレーシアの7カ国拠点からなる研究交流基盤を活用し、産業界と連携を図りつつ次世代を担うアジア若手研究者を育成するための研究交流プログラムを実施して、アジア発の知の創出を先導する世界的有機化学研究拠点の形成を目指すものである。

平成27年度目標

1.研究協力体制の構築

平成26年4月に台湾で、そして同11月にマレーシアにおいて、本プロジェクトに参画する7カ国の研究拠点コーディネーターと企画会議を行い、趣旨確認を行なうとともに、メール会議を通じて意志の疎通を図ってきた。本年度は、協力体制のさらなる強化を図るべく、8月と11月に運営会議を開催して、事業計画と実行内容の検証を行う。

2.学術的観点

日本とアジアの有機化学の発展に資する、相互理解に基づく生産的な知の循環を具現する国際的学術ネットワーク拠点をアジアに成立させる。最先端の研究成果に基づくハイレベルな国際シンポジウムを開催し、研究者の学術交流を促して学術ネットワークの定着と発展を目指す。

3.学術的観点

(1)国際シンポジウムの毎年開催

アジア最先端有機化学シンポジウムを毎年開催して、若手研究者にアジア最先端の研究成果の講演を聴講するとともに英語口頭発表と国際交流の機会を与える。シンポジウムの開催期間と参加人数を考慮して、できるだけ多くの参加者に口頭発表の機会を与える。

(2)若手研究者の研究交流を促進するためのレクチャーシップ・アワード・ツアー事業の実施

7カ国拠点代表者がアワード選考委員となり、上記国際シンポジウムで口頭発表、ポスター発表を行った若手研究者の中から優秀な研究者を選出して、レクチャーシップ・アワードを授賞する。レクチャーシップツアーによる渡航・受入は、マッチングファンドの理念に基づいて実施する。受賞者は1週間程度を目安として、3~5回のセミナー・学術講演を行う講演旅行の日程を受入研究者とともに構築して、受入国の各拠点の研究者・若手研究者と密な研究交流・文化交流を行う。

(3)大学院生・博士研究員を対象とする育成事業の実施

アジア最先端有機化学シンポジウムの開催時期に連動させて、大学院生および博士研究員を対象としたジュニア・シンポジウムを合宿形式で開催し、英語口頭発表と国際交流の機会を与える。シンポジウムの開催期間と参加人数を考慮して、できるだけ多くの参加者に口頭発表の機会を与える。優れた発表を行った学生・研究者にYoung Chemist Awardを授賞して顕彰する。授賞者には、「アジア最先端有機化学シンポジウム」、あるいは各拠点が実施する「国際サマースクール」に招待して顕彰するとともに、国際インターンシップ交流事業への推薦等、短期研究交流の機会を授与する。

pageの上へ戻るボタン