研究業績

publication






≪NEW!!≫10月21日≪受賞≫
中田悠靖さん(M2)が「第58回日本薬学会東北支部大会」(10月20日開催)において
大学院生優秀発表賞を受賞しました!!

≪NEW!!≫10月21日≪受賞≫
浅井雪乃さん(B4)と中島謙心さん(B4)が「第58回日本薬学会東北支部大会」(10月20日開催)において
学部学生優秀発表賞を受賞しました!!

≪NEW!!≫10月9日≪受賞≫
土田芽衣さん(D2)と鈴木碧さん(M2)が「第18回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2019」(9月7日-9月8日開催)において
大学院生優秀発表賞を受賞しました!!

≪NEW!!≫9月24日≪受賞≫
関口雄斗さん(M2)と中田悠靖さん(M2)と横沢拓海さん(M1)が「第92回日本生化学会大会」(9月18日-9月20日開催)において
若手優秀発表賞を受賞しました!!

≪NEW!!≫9月6日≪受賞≫
井上綾さん(B4)が「フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー」(8月31日-9月1日開催)において
環境・衛生部会 実行委員長賞を受賞しました!!

◇論文◇

◇総説◇

◇書籍◇

◇日本語総説◇

◇受賞◇




□□ 論文 □□

≪2020年01月≫

  1. ≪NEW!!≫Hirata, Y., Inoue, A., Suzuki, S., Takahashi, M., Matsui, R., Kono, N., Noguchi, T., and *Matsuzawa, A. trans-Fatty acids facilitate DNA damage-induced apoptosis through the mitochondrial JNK-Sab-ROS positive feedback loop.
    Scientific Reports, in press.
    These authors contributed equally to this work.
    *Corresponding author.

  2. ≪NEW!!≫Tsuchida, M., Yokozawa, T., *Noguchi, T., Shimada, T., Yamada, M., Sekiguchi, Y., Hirata, Y., *Matsuzawa, A. Pro-apoptotic functions of TRAF2 in p53-mediated apoptosis induced by cisplatin.
    J. Toxicol. Sci. in press.
    These authors contributed equally to this work.
    *Corresponding authors.

  3. ≪NEW!!≫ Yamada, M., Suzuki, M., *Noguchi, T., Yokozawa, T., Sekiguchi, Y., Mutoh, N., Toyama, T., Hirata, Y., Gi-Wook, H., *Matsuzawa, A. The antibiotic cefotaxime works as both an activator of Nrf2 and an inducer of HSP70 in mammalian cells.
    BPB reports. in press.
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding authors.

  4. Abe, T., Shizu, R., Sasaki, T., Shimizu, Y., Hosaka, T., Kodama, S., Matsuzawa, A., Yoshinari, K. Functional interaction between PXR and YAP in xenobiotic-dependent liver hypertrophy and drug metabolism.
    J. Pharmacol. Exp. Ther., 371, 590-601(2019) .

  5. Yokosawa, T., Yamada, M., * Noguchi, T., Suzuki, S., Hirata, Y., *Matsuzawa, A. Pro-caspase-3 protects cells from polymyxin B-induced cytotoxicity by preventing ROS accumulation.
    J. Antibiot, 72(11), 848-852.
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding authors.

  6. Sekiguchi, Y., Yamada, M., * Noguchi, T., Noomote, C., Tsuchida, M., Kudoh, Y., Hirata, Y., *Matsuzawa, A. The anti-cancer drug gefitinib accelerates Fas-mediated apoptosis by enhancing caspase-8 activation in cancer cells.
    J. Toxicol. Sci., 44, 435-440 (2019).
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding authors.

  7. Noguchi, T., Suzuki, M., Mutoh, N., Hirata, Y., Tsuchida, M., Miyagawa, S., Hwang, GW., Aoki, J., *Matsuzawa, A. Nuclear-accumulated SQSTM1/p62-based ALIS act as microdomains sensing cellular stresses and triggering oxidative stress-induced parthanatos.
    Cell Death Dis., 9, 1193 (2018)
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding author.

  8. Kudoh, Y., *Noguchi, T., Ishii, C., Maeda, K., Nishidate, A., Hirata, Y.,*Matsuzawa, A. Antibiotic Vancomycin Promotes the Gene Expression of NOD-Like Receptor Families in Macrophages
    BPB Reports,1, 6-10 (2018).
    * Corresponding author.

  9. Abe, T., Amaike Y., Shizu R., Takahashi, M., Kano M., Hosaka T., Sasaki T., Kodama S.,Matsuzawa, A., Yoshinari K, Role of YAP activation in nuclear receptor CAR-mediated proliferation of mouse hepatocytes.
    Toxicol. Sci., doi: 10.1093/toxsci/kfy149, (2018).

  10. Hirata, Y., Katagiri, K., Nagaoka, K., Morishita, T., Kudoh, Y., Hatta, T., Naguro, I., Kano, K., Udagawa, T., Natsume, T., Aoki, J, Inada, T., Noguchi, T., Ichijo, H.,*Matsuzawa, A. TRIM48 promotes ASK1 activation and cell death through ubiquitination-dependent degradation of the ASK1 negative regulator PRMT1
    Cell Reports., 21, 2447-2457 (2017).
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding author.

  11. Takahashi, M., Kudo, Y., Hirata, Y.,Kano, K., Kawana, H., Makide, K., Shinoda, Y., Yabuki, Y., Fukunaga, K., Aoki, J., *Noguchi, T.,*Matsuzawa, A. Trans-fatty acids promote proinflammatory signaling and cell death by stimulating the apoptosis signal-regulating kinase 1 (ASK1)-p38 pathway.
    J. Biol. Chem., 292, 8174-8185 (2017).
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding authors.

  12. Abe, T., Takahashi, M., Kano, M., Amaike, Y., Ishii, C., Maeda, K., Kudoh, Y., Morishita, T., Hosaka, T., Sasaki, T., Kodama, S., Matsuzawa, A., Kojima, H., Yoshinari, K. Activation of nuclear receptor CAR by an environmental pollutant perfluorooctanoic acid. Arch. Toxicol., 91, 2365-2374 (2017).

  13. Tsuchida, M., Kogue, Y., *Noguchi, T., Spadini, C., Hirata, Y., *Matsuzawa, A. BIG1, brefeldin A-inhibited guanine nucleotide- exchange factor 1, governs the recruitment of TRAF2 to TNFR1 signaling complexes.
    Int. J. Mol. Sci.,17, 1869 (2016).
    These authors contributed equally to this work.
    * Corresponding authors.

  14. Shizu, R., Abe, T., Benoki, S., Takahashi, M., Kodama, S., Miayata, M., Matsuzawa, A., Yoshinari, K. PXR stimulates growth factor- mediated hepatocyte proliferation by cross-talk with the FOXO transcription factor.
    Biochem. J., 473, 257-266, (2016).

  15. Miyakawa, K., Matsunaga, S., Kanou, K.,Matsuzawa, A., Morishita, R., Kudoh, A., Shindo, K., Yokoyama, M., Sato, H., Kimura, H., Tamura, T., Yamamoto, N., Ichijo, H., Takaori-Kondo, A., Ryo, A. ASK1 restores the antiviral activity of APOBEC3G by disrupting HIV-1 Vif-mediated counteraction.
    Nature Communications, 6, 6945 (2015).

  16. Eaton, G. J., Zhang, Q. S., Diallo, C., Matsuzawa, A., Ichijo, H., Steinbeck, M. J., Freeman, T. A. Inhibition of apoptosis signal-regulating kinase 1 enhances endochondral bone formation by increasing chondrocyte survival.
    Cell Death Dis., 5, e1522 (2014).

  17. Okada, M., *Matsuzawa, A.,Yoshimura, A., Ichijo, H. Lysosome rupture-activated TAK1- JNK pathway regulates NLRP3 inflammasome activation.
    J. Biol. Chem., 289, 32926-32936 (2014).
    * Corresponding author.

  18. Mosallanejad, K., Sekine, Y., Ishikura-Kinoshita, S., Kumagai, K., Nagano, T., Matsuzawa, A., Takeda, K., Naguro, I., Ichijo, H. The DEAH-Box RNA helicase DHX15 activates NF-kB and MAPK signaling downstream of MAVS during antiviral responses.
    Science Signaling, 7, ra40 (2014).

  19. Maruyama, T., Araki, T., Kawarazaki, Y., Naguro, I., Heynen, S., Aza- Blanc, P., Ronai, Z., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Roquin-2 promotes ubiquitin-mediated degradation of ASK1 to regulate stress responses.
    Science Signaling, 7, ra8 (2014).

  20. Homma, K., Fujisawa, T., Tsuburaya, N., Yamaguchi, N., Kadowaki, H., Takeda, K., Nishitoh, H., Matsuzawa, A., Naguro, I., Ichijo, H. SOD1 as a molecular switch for initiating the homeostatic ER stress response under zinc deficiency.
    Molecular Cell, 52, 75-86 (2013).

  21. Naguro, I., Umeda, T., Kobayashi, Y., Maruyama, J., Hattori, K., Shimizu, Y., Kataoka, K., Kim- Mitsuyama S., Uchida, S., Vandewalle, A., Noguchi, T., Nishitoh, H., Matsuzawa, A., Takeda, K., Ichijo, H. ASK3 responds to osmotic stress and regulates blood pressure by suppressing WNK1-SPAK/OSR1 signaling in the kidney.
    Nature Communications, 3, 1285 (2012).

  22. Lin, F. R., Huang, S. Y., Hung, K. H., Su, S. T., Chung, C. H., Matsuzawa, A., Hsiao, M., Ichijo, H., Lin, K. I. ASK1 promotes apoptosis of normal and malignant plasma cells.
    Blood, 120, 1039-1047 (2012).

  23. Fujisawa, T., Kengo, H., Yamaguchi, N., Kadowaki, H., Tsuburaya, N., Naguro, I., Matsuzawa, A., Takeda, K., Takahashi, Y., Goto, J., Tsuji, S., Nishitoh, H., Ichijo, H. A novel monoclonal antibody reveals a conformational alteration shared by amyotrophic lateral sclerosis- linked SOD1 mutants.
    Annals of Neurology, 72, 739-749 (2012).

  24. *Tseng, P. H., *Matsuzawa, A., Zhang, W., Mino, T., Vignali, D. A., Karin, M. Different modes of ubiquitination of the adaptor TRAF3 selectively activate the expression of type I interferons and proinflammatory cytokines.
    Nature Immunology, 11, 70-75 (2010).
    * These authors contributed equally to this work.

  25. Guo, X., Harada, C., Namekata, K., Matsuzawa, A., Camps, M., Ji, H., Swinnen, D., Jorand-Lebrun, C., Muzerelle, M., Vitte, P. A., Ruckle, T., Kimura, A., Kohyama, K., Matsumoto, Y., Ichijo, H., Harada, T. Regulation of the severity of neuroinflammation and demyelination by TLR- ASK1-p38 pathway.
    EMBO Molecular Medicine, 2, 504-515 (2010).

  26. Maruyama, T., Kadowaki, H., Okamoto, N., Nagai, A., Naguro, I., Matsuzawa, A., Shibuya, H., Tanaka, K., Murata, S., Takeda, K., Nishitoh, H., Ichijo, H. CHIP-dependent termination of MEKK2 regulates temporal ERK activation required for proper hyperosmotic response.
    EMBO Journal, 29, 2501-2514 (2010).

  27. Nagai, H., Noguchi, T., Homma, K., Katagiri, K., Takeda, K., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Ubiquitin-like sequence in ASK1 plays critical roles in the recognition and stabilization by USP9X and oxidative stress-induced cell death.
    Molecular Cell, 36, 805-818 (2009).

  28. Cekic, C., Casella, C. R., Eaves, C. A., Matsuzawa, A., Ichijo, H., Mitchell, T. C. Selective activation of the p38 MAPK pathway by synthetic monophosphoryl lipid A.
    J. Biol. Chem., 284, 31982-31991 (2009).

  29. Iriyama, T., Takeda, K., Nakamura, H., Morimoto, Y., Kuroiwa, T., Mizukami, J., Umeda, T., Noguchi, T., Naguro, I., Nishitoh, H., Saegusa, K., Tobiume, K., Homma, T., Shimada, Y., Tsuda, H., Aiko, S., Imoto, I., Inazawa, J., Chida, K., Kamei, Y., Kozuma, S., Taketani, Y., Matsuzawa, A., Ichijo, H. ASK1 and ASK2 differentially regulate the counteracting roles of apoptosis and inflammation in tumorigenesis.
    EMBO Journal, 28, 843-853 (2009).

  30. *Matsuzawa, A., *Tseng, P. H., Vallabhapurapu, S., Luo, J. L., Zhang, W., Wang, H., Vignali, D. A., Gallagher, E., Karin, M. Essential cytoplasmic translocation of a cytokine receptor-assembled signaling complex.
    Science, 321, 663-668 (2008). Research Article.
    * These authors contributed equally to this work.

  31. *Vallabhapurapu, S., *Matsuzawa, A., Zhang, W., Tseng, P. H., Keats, J. J., Wang, H., Vignali, D. A., Bergsagel, P. L., Karin, M. Nonredundant and complementary functions of TRAF2 and TRAF3 in a ubiquitination cascade that activates NIK-dependent alternative NF-kB signaling.
    Nature Immunology, 9, 1364-1370 (2008).
    * These authors contributed equally to this work.

  32. Wang, H., Matsuzawa, A., Brown, S. A., Zhou, J., Guy, C. S., Tseng, P. H., Forbes, K., Nicholson, T. P., Sheppard, P. W., Hacker, H., Karin, M., Vignali, D. A. Analysis of nondegradative protein ubiquitylation with a monoclonal antibody specific for lysine-63-linked polyubiquitin.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., 105, 20197-20202 (2008).

  33. Sakurai, T., He, G., Matsuzawa, A., Yu, G. Y., Maeda, S., Hardiman, G., Karin, M. Hepatocyte necrosis induced by oxidative stress and IL-1b release mediate carcinogen-induced compensatory proliferation and liver tumorigenesis.
    Cancer Cell, 14, 156-165 (2008).

  34. Nishitoh, H., Kadowaki, H., Nagai, A., Maruyama, T., Yokota, T., Fukutomi, H., Noguchi, T., Matsuzawa, A., Takeda, K., Ichijo, H. ALS-linked mutant SOD1 induces ER stress- and ASK1-dependent motor neuron death by targeting Derlin-1.
    Genes & Development, 22, 1451-1464 (2008).

  35. Noguchi, T., Ishii, K., Fukutomi, H., Naguro, I., Matsuzawa, A., Takeda, K., Ichijo H. Requirement of reactive oxygen species- dependent activation of ASK1-p38 MAPK pathway for extracellular ATP-induced apoptosis in macrophage.
    J. Biol. Chem., 283, 7657-7665 (2008).

  36. Fujino, G., Noguchi, T., Matsuzawa, A., Yamauchi, S., Saitoh, M., Takeda, K., Ichijo, H. Thioredoxin and TRAF family proteins regulate reactive oxygen species-dependent activation of ASK1 through reciprocal modulation of the N-terminal homophilic interaction of ASK1.
    Mol. Cell. Biol., 27, 8152-8163 (2007).

  37. Osaka, N., Takahashi, T., Murakami, S., Matsuzawa, A., Noguchi, T., Fujiwara, T., Aburatani, H., Moriyama, K., Takeda, K., Ichijo, H. ASK1-dependent recruitment and activation of macrophages induce hair growth in skin wounds.
    J. Cell Biol., 176, 903-909 (2007).

  38. Takeda, K., Shimozono, R., Noguchi, T., Umeda, T., Morimoto, Y., Naguro, I., Tobiume, K., Saitoh, M., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Apoptosis signal-regulating kinase (ASK) 2 functions as a mitogen- activated protein kinase kinase kinase in a heteromeric complex with ASK1.
    J. Biol. Chem., 282, 7522-7531 (2007).

  39. *Gallagher, E., *Enzler, T., *Matsuzawa, A., Anzelon- Mills, A., Otero, D., Holzer, R., Janssen, E., Gao, M., Karin, M. Kinase MEKK1 is required for CD40-dependent activation of the kinases Jnk and p38, germinal center formation, B cell proliferation and antibody production.
    Nature Immunology, 8, 57-63 (2007).
    * These authors contributed equally to this work.

  40. Chiang, E., Dang, O., Anderson, K., Matsuzawa, A., Ichijo, H., David, M. Apoptosis-regulating signal kinase 1 is required for reactive oxygen species-mediated activation of IFN regulatory factor 3 by lipopolysaccharide.
    J. Immunol., 176, 5720-5724 (2006).

  41. Harada, C., Nakamura, K., Namekata, K., Okumura, A., Mitamura, Y., Iizuka, Y., Kashiwagi, K., Yoshida, K., Ohno, S., Matsuzawa, A., Tanaka, K., Ichijo, H., Harada, T. Role of apoptosis signal- regulating kinase 1 in stress-induced neural cell apoptosis in vivo.
    Am. J. Pathol., 168, 261-269 (2006).

  42. *Matsuzawa, A., *Saegusa, K., Noguchi, T., Sadamitsu, C., Nishitoh, H., Nagai, S., Koyasu, S., Matsumoto, K., Takeda, K., Ichijo, H. ROS-deepndent activation of TRAF6-ASK1-p38 pathway is selectively required for TLR4-mediated innate immunity.
    Nature Immunology, 6, 587-592 (2005).  
    * These authors contributed equally to this work.

  43. Noguchi, T., Takeda, K., Matsuzawa, A., Saegusa, K., Nakano, H., Gohda, J., Inoue, J.I., Ichijo, H. Recruitment of TRAF family proteins to the ASK1 signalosome is essential for oxidative stress-induced cell death.
    J. Biol. Chem., 280, 37033-37040 (2005).

  44. Izumi, Y., Kim-Mitsuyama, S., Yoshiyama, M., Omura, T., Shiota, M., Matsuzawa, A., Yukimura, T., Murohara, T., Takeya, M., Ichijo, H., Yoshikawa, J., Iwao, H. Important Role of Apoptosis Signal- Regulating Kinase 1 in Ischemia-induced Angiogenesis.
    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol., 25, 1877-1883 (2005).

  45. Kadowaki, H., Nishitoh, H., Urano, F., Sadamitsu, C., Matsuzawa, A., Takeda, K., Masutani, H., Yodoi, J., Urano, Y., Nagano, T., Ichijo, H. Amyloid b induces neuronal cell death through ROS-mediated ASK1 activation.
    Cell Death Differ., 12, 19-24 (2005).

  46. Takeda, K., Matsuzawa, A., Nishitoh, H., Tobiume, K., Kishida, S., Ninomiya-Tsuji, J., Matsumoto, K., Ichijo H. Involvement of ASK1 in Ca2+-induced p38 MAP kinase activation.
    EMBO Reports, 5, 161-166 (2004).

  47. Yamaguchi, O., Watanabe, T., Nishida, K., Kashiwase, K., Higuchi, Y., Takeda, T., Hikoso, S., Hirotani, S., Asahi, M., Taniike, M., Nakai, A., Tsujimoto, I., Matsumura, Y., Miyazaki, J., Chien, K.R., Matsuzawa, A., Sadamitsu, C., Ichijo, H., Baccarini, M., Hori, M., Otsu, K. Cardiac-specific disruption of the c-raf-1 gene induces cardiac dysfunction and apoptosis.
    J. Clin. Invest., 114, 937-943 (2004).

  48. Izumiya, Y., Kim, S., Izumi, Y., Yoshida, K., Yoshiyama, M., Matsuzawa, A., Ichijo, H., Iwao, H. Apoptosis signal- regulating kinase 1 plays a pivotal role in angiotensin II-induced cardiac hypertrophy and remodeling
    Circ. Res., 93, 874-83 (2003).

  49. Izumi, Y., Kim, S., Yoshiyama, M., Izumiya, Y., Yoshida, K., Matsuzawa, A., Koyama, H., Nishizawa, Y., Ichijo, H., Yoshikawa, J., Iwao, H. Activation of apoptosis signal-regulating kinase 1 in injured artery and its critical role in neointimal hyperplasia.
    Circulation, 108, 2812-2818 (2003).

  50. Hara, K., Honma, T., Matsuzawa, A., Matsuzawa, A., Uchida, M., Koizumi, T., Akahane, S., Kojima, M. Characteristics of the hemostatic action of KFA-1411, an inhibitor of coagulation factor Xa (FXa), in humans and various animals.
    J. Toxicol. Sci., 28, 25-34 (2003).

  51. Jibiki, I., Hashimoto, S., Maruoka, S., Gon, Y., Matsuzawa, A., Nishitoh, H., Ichijo, H., Horie, T. Apoptosis signal-regulating kinase 1-mediated signaling pathway regulates nitric oxide-induced activator protein-1 activation in human bronchial epithelial cells.
    Am. J. Respir. Cri. Care. Med., 167, 856-861 (2002).

  52. Matsuura, H., Nishitoh, H., Takeda, K., Matsuzawa, A., Amagasa, T., Ito, M., Yoshioka, K. Ichijo, H. Phosphorylation-dependent scaffolding role of JSAP1/JIP3 in the ASK1-JNK signaling pathway: A new mode of regulation of the MAP kinase cascade.
    J. Biol. Chem., 277, 40703-40709 (2002).

  53. Nishitoh, H., Matsuzawa, A., Tobiume, K., Saegusa, K., Takeda, K., Inoue, K., Hori, S., Ishikawa, K., Mizusawa, H., Kakizuka, A. Ichijo, H. ASK1 is essential for endoplasmic reticulum stress-induced neuronal cell death triggered by expanded polyglutamine repeats.
    Genes & Development, 16, 1345-1355 (2002).

  54. *Tobiume, K., *Matsuzawa, A., Takahashi, T., Nishitoh, H., Morita, K., Takeda, K., Minowa, O., Miyazono, K., Noda, T., Ichijo, H. ASK1 is required for sustained activations of JNK/p38 MAP kinases and apoptosis.
    EMBO Reports, 2, 222-228 (2001).  
    * These authors contributed equally to this work.

  55. Hatai, T., Matsuzawa, A., Inoshita, S., Mochida, Y., Kuroda, T., Sakamaki, K., Kuida, K., Yonehara, S., Ichijo, H., Takeda, K. Execution of apoptosis signal-regulating kinase 1 (ASK1)-induced apoptosis by the mitochondria-dependent caspase activation.
    J. Biol. Chem., 275, 26576-26581 (2000).

  56. Matsuzawa, A., Hattori, K., Aoki, J., Arai, H., Inoue K. Protection against oxidative stress-induced cell death by intracellular platelet-activating factor-acetylhydrolase II.
    J. Biol. Chem., 272, 32315-32320 (1997).

  57. Hattori, K., Adachi, H., Matsuzawa, A., Yamamoto, K., Tsujimoto, M., Aoki, J., Hattori, M., Arai, H., Inoue, K. cDNA cloning and expression of intracellular platelet-activating factor (PAF) acetylhydrolase II. Its homology with plasma PAF acetylhydrolase.
    J. Biol. Chem., 271, 33032-33038 (1996).

  58. Matsuzawa, A., Murakami, M., Atsumi, G., Imai, K., Prados, P., Inoue, K., Kudo, I. Release of secretory phospholipase A2 from rat neuronal cells and its possible function in the regulation of catecholamine secretion.
    Biochem. J., 318, 701-709 (1996).

  59. Kudo, I., Matsuzawa, A., Imai, K., Murakami, M., Inoue, K. Function of type II phospholipase A2 in dopamine secretion by rat neuronal PC12 cells.
    J. Lipid Mediat. Cell Signal., 14, 25-31 (1996).

  60. Murakami, M., Kudo, I., Umeda, M., Matsuzawa, A., Takeda, M., Komada, M., Fujimori. Y., Takahashi, K., Inoue, K. Detection of three distinct phospholipases A2 in cultured mast cells.
    J. Biochem., 111, 175-181 (1992).

このページの一番上へ


□□ 総説 □□

≪2017年2月≫

≪NEW!!≫
1. Matsuzawa, A. Thioredoxin and redox signaling: Roles of the thioredoxin system in control of cell fate.
Arch. Biochem. Biophys., 617, 101-105 (2017).

≪NEW!!≫
2. Hirata, Y., Takahashi, M., Morishita, T., Noguchi, T., Matsuzawa, A.. Post-Translational Modifications of the TAK1-TAB Complex.
Int. J. Mol. Sci.,18, E205 (2017).

3. Soga, M., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Oxidative stress- induced diseases via the ASK1 signaling pathway.
Int. J. Cell Biol., 2012, 439587 (2012).

4. Takeda, K., Naguro, I., Nishitoh, H., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Apoptosis signaling kinases: from stress response to health outcomes.
Antioxid. Redox Signal., 15, 719-761 (2011).

5. Runchel, C., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Mitogen-activated protein kinases in Mammalian oxidative stress responses.
Antioxid. Redox Signal., 15, 205-218 (2011).

6. Katagiri, K., Matsuzawa, A., Ichijo, H. Regulation of apoptosis signal-regulating kinase 1 in redox signaling.
Methods Enzymol., 474C, 277-288 (2010).

7. Matsuzawa, A., Takeda, K., Ichijo, H. “ASK1” (doi:10.1038/mp.a002816.01).
UCSD-Nature Signaling Gateway, Nature Publishing Group, (2010).

8. Matsuzawa, A., Ichijo, H. Redox control of cell fate by MAP kinase: physiological roles of ASK1-MAP kinase pathway in stress signaling.
Biochim. Biophys. Acta., 1780, 1325-1336 (2008).

9. Hayakawa, T., Matsuzawa, A., Noguchi, T., Takeda, K., Ichijo, H. The ASK1-MAP kinase pathways in immune and stress responses.
Microbes Infect., 8, 1098-1107 (2006).

10. Matsuzawa, A., Ichijo, H. Stress-responsive protein kinases in redox-regulated apoptosis signaling.
Antioxid. Redox Signal., 7, 472-481 (2005).

11. Matsukawa, J., Matsuzawa, A., Takeda, K., Ichijo, H. The ASK1-MAP kinase cascades in mammalian stress response.
J. Biochem., 136, 261-265 (2004).

12. Takeda, K., Matsuzawa, A., Nishitoh, H., Ichijo, H. Roles of MAPKKK ASK1 in stress-induced cell death.
Cell Struct. Funct., 28, 23-29 (2003).

13. Matsuzawa, A., Nishitoh, H., Tobiume, K., Takeda, K. Ichijo, H. Physiological roles of ASK1-mediated signal transduction in oxidative stress- and endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis: advanced findings from ASK1 knockout mice.
Antioxid. Redox Signal., 4, 415-425 (2002).

14. Matsuzawa, A., Ichijo, H. Molecular mechanisms of the decision between life and death: regulation of apoptosis by apoptosis signal-regulating kinase 1.
J. Biochem., 130, 1-8 (2001).

このページの一番上へ


□□ 書籍 □□


1. Matsuzawa, A., Nishitoh, H., Takeda, K., Ichijo, H. “MAP Kinases in Redox Signaling” in “Signal Transduction by Reactive Oxygen and Nitrogen Species: Pathways and Chemical Principles” ed. by Forman, H.J., Fukuto, J., Torres, M., Kluwer Academic, 223-236 (2003).

このページの一番上へ


□□ 日本語総説 □□


≪2018年3月≫

1.松沢厚,一條秀憲:ASK1・ELナ-ゼによるレドックスシグナル制御−多彩な翻訳後修飾を介したシグナル制御とその破綻による疾患,実験医学 増刊「レドックス疾患学」,実験医学,羊土社,36(5),60-66,2018.

2.松沢厚:衛生・E学 健康と環境 (第6版),永沼章・姫野誠一郎・平塚明 編,丸善・o版,151-201 (5・3〜5・6節),2018.

3.松沢厚:キナーゼシグナルを厳密に制御する多様なユビキチン化関連酵素群の
生理機能, 日本応用酵素協会誌, 日本応用酵素協会, 51, 7-15,2016.

4 松沢厚:レドックス応答キナーゼASK1による細胞機能の制御,
別冊・医学のあゆみ「レドックスUPDATE−ストレス制御の臨床医学・健康
科学」
, 医歯薬出版・C75-79,2015.

5. 松沢厚,岡田匡央:リソソーム破裂によるインフラ・}ソームの活性化,
細胞工学, 秀潤社,34(6), 562-566,2015.

6. 松沢厚:多様なユビキチン化酵素群によるリン酸化シグナルの制御機構,
生化学,日本生化学会,87(1), 116-121,2015.

7. 松沢厚,一條秀憲:シグナル伝達系,新臨床腫瘍学〜がん 薬物療法専門医のために〜 (改訂第3版),日本臨床腫瘍学会 編,南江堂, 14-21,2012.

8 松沢厚,一條秀憲:ストレス応答キナーゼシグナルの破綻と疾患 ,細胞工学,秀潤社,31(2),138-143,2012.

9. 松沢厚,一條秀憲:ストレス応答キナーゼシグナルによる細胞死 のバランス制御実験医学 増刊「細胞死研究 総集編」, 実験医学 ,羊土社,28(7),1003-1010,2010.

10. 松沢厚,一條秀憲:シグナル伝達系,新臨床腫瘍学〜がん 薬物療法専門医の・EEスめに〜 (改訂第2版),日本臨・ー腫瘍学会 編,南江堂, 16-24,2009.

11. 松沢厚:ユビキチン化によるリン酸化シグナルの新たな時空間的活性制御 -MAP・Lナーゼシグナル複合体の受容体から細胞質移行による活性化-, 生化学,日本生化学・・C81(9), 801-806,2009.

12. 松沢厚,Michael Karin:キナーゼ複合体の受容体から細胞質移 行による時空間的活性制御,実験医学, 羊土社,26(19),3066-3069 ,2008.

13. 松沢厚,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1による新たな自然 免疫シグナルの制御機構-活性酸素を介したASK1-p38経路のTLR4下流特異的活性化-, エンド・gキシン研究9 自然免疫の最前線・C日本エンドトキン研究会 編,医学図書出版,9-17,2006.

14. 名黒功,,藤野悟央,一條秀憲:ASK1シグナリングの Redoxによる制御と自然免疫応答への関与,Annual Review免疫2007 ,奥村康・平野俊夫・佐藤昇志編,中外医学社,73-84,2006.

15. 松沢厚,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1による自然免疫シ グナルの制御機構-活性酸素を介したTRAF6-ASK1-p38経路のTLR4下流特異的活性化- ,臨床免疫, 科学評論社,45(1),79-84,2006.

16. 松沢厚,三枝かおる,一條秀憲:スト・E激X応答キナーゼASK1に よる新たな自然免疫シグナル制御機構の発見:活性酸素が自然免疫応答に果たす役割,細胞工学,秀潤社,24(7),706-707,2005.

17. 三輪崇志,松沢厚,一條秀憲:アポトーシス,酸化スト レスナビゲーター,倉林正彦監修,山岸昌一編,メデ・EBカルビュー社, 112-113,2005.

18. 松沢厚,三枝かおる,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1に よる自然免疫シグナルの制御機構,Annual Review 免疫 2005,奥村 康・平野俊夫・佐藤昇志編,中外医学社,70-80,2004.

19. 松沢厚,一條秀憲: MAPKによるアポトーシスシグナルの制御機構-ストレス誘導性アポトーシスにおけるASK1の生理的役割-,臨床・ニ疫 特別増刊号「アポトーシスのすべて」,臨床免疫,科学評論社,38(20),79 -90,2002.

20. 松沢厚,一條秀憲:(特集)アポトーシス-分子メカニズムとその 破綻が引き起こす疾患-,ストレス応答キナーゼによるアポトーシスシグナルの制御 と疾患-ASK1依存性Aポトーシスシグナルと疾患と・Eフ関連-,Molecular Medicine,中山書店,39(6), 660-670,2002.

21. 松沢厚,森田圭一,一條秀憲:ASK1によるストレス誘導性アポ トーシスと疾患 ASK1ノックアウトマウスの解析から,「酸化ストレス フリーラジカル医学生物学の最前線」,医歯薬出版,76-81,2001.

22. 松沢厚,一條秀憲:神経細胞におけるアポトーシス制御因子とその制御機構,生体の科学,医学書院,51(4),266-272,2000.

このページの一番上へ



□□  受賞  □□



≪NEW!!≫
★2019年10月:中田悠靖さん(M2)が「第58回日本薬学会東北支部大会」(10月20日開催)において
大学院生優秀発ポスター賞を受賞

≪NEW!!≫
★2019年10月:浅井雪乃さん(B4)と・・謙心さん(B4)が「第58回日本薬学会東北支部大会」(10月20日開催)において
学部学生優秀ポスター賞を受賞

≪NEW!!≫
★2019年9月:土田芽衣さん(D2)と鈴木碧さん(M2)が「第18回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2019」(9月7日-9月8日開催)において
大学院生優秀発表賞を受賞
≪NEW!!≫
★2019年9月:関口雄斗さん(M2)と中田悠靖さん(M2)と横沢拓海さん(M1)が「第92回日本生化学会大会」(9月18日-9月20日開催)において
若手優秀発表賞を受賞

≪NEW!!≫
★2019年9月:井上綾さん(B4)が、「フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー」において環境・衛生部会 実行委員長賞受賞

井上 綾さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 今回このような賞をいただけて
大変光栄に思っています。
学部生でこのような経験をできたのも、
先生方のご指導、また相談に乗ってくれた
先輩方、同期のお陰です。
今後もこのような機会がいただけるように
日々努力していきます。




 ・@ 


≪NEW!!≫
≪NEW!!≫
★2019年7月:野口拓也准教授と平田祐介助教が本年度の薬学研究科長賞を受賞


≪NEW!!≫
★2019年6月:平田祐介助教が、「第72回日本酸化ストレス学会・w術集会」において学術奨励賞を受賞
詳細:準備中 受賞者一覧



≪NEW!!≫
★2019年6月:土田芽衣さん(D2)が、「第46回日本毒性学会学術年会」において優秀研究発表賞受賞

土田芽衣さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo この度は栄誉ある賞をいただ
き、大変光栄に思います。
常日頃からご指導いただいて
いる先生方に深く感謝
申し上げます。
受賞を励みに、今後はより一層
研究に打ち込みたいです。




   


≪NEW!!≫
★2019年6月:平田祐介助教が、2019年度日本薬学会環境・衛生部会の部会賞・金原賞を受賞
詳細:受賞者一覧」
≪NEW!!≫
★2019年5月:平田祐介助教が、第18回インテリジェント・コスモス奨励賞を受賞
詳細: 受賞者集合写真


★2018年11月:平田 祐介助教 平成30年度日本薬学会東北支部奨励賞を受賞
  「活性酸素シグナルの制御機構およびその破綻に伴う疾患発症機序の解明」 詳細:日本薬学会東北支部奨励賞賞受賞

★2018年11月:D3高橋 未来さ・「 第57回日本薬学会東北支部大会」において若手研究者発表賞を受賞
詳細:受賞者一覧」

★2018年11月:D2工藤 勇気さん「 第57回日本薬学会東北支部大会」において若手研究者発表賞を受賞
詳細:受賞者一覧」

★2018年10月:B6宮川 紗央子さん「 第57回日本薬学会東北支部大会」において優秀ポスター賞を受賞 (写真集)

宮川紗央子さん 受賞写真

MB-Support logo    



★2018年9月:M1山田真佑花さん「 第91回日本生化学会大会」において若手優秀発表賞を受賞 (写真集)


★2018年9月:M1鈴木碧さん 「フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー」におい・ト優秀若手研究者賞を受賞(写真集)

★2018年9月:M1鈴木碧さん 「フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー」の「日韓次世代シンポジウム・ポスターセッション」において優秀発表者賞を受賞(日本部門) (写真集)


鈴木碧さん&永沼理央さん・@受賞写真+コメント



このような賞を受賞することができ、大変光栄に思います。学会では、他大学の先生方の貴重なご質問・ご意見をいただく事ができ、有意義な時間を過ごすことができました。日頃からご指導いただいている 先生方をはじめ、研究者発表の皆様に感謝申し上げます。今後も、より一層努力していきたいと思います。<鈴木 碧>





このような素晴らしい賞をいただき・蝠マ光栄に思います。日頃ご指導いただいている先生方、研究室の皆さんに感謝申し上げます。今後もより一層努力して参りたいと思います。<永沼 理央>    






★2018年9月:B4永沼理央さん 「フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー」において環境・衛生部会新人賞を受賞 (写真集)
(受賞写真・コメントは上)


★2018年5月:平田祐介助教が、平成30年度日本生化学会東北支部優秀論文賞を受賞
詳細:これまでの日本生化学会東・k支部優秀論文賞受賞者一覧





★2018年2月:D2高橋未来さん 「第2回酸素生物学・ダイイングコード合同若手会議」においてベストプレゼンテーション賞を受賞

高橋未来さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 貴重な賞をいただくこと
ができ、・蝠マ嬉しいです。
他大学の素晴らしい先生
や学生の方々と有意義な
時間を過・イし、とても刺激
になりました。
・アれを励みに今後も精進
して参りたいと思います。



   



★2017年10月:B6 武藤夏美さん 「第56回日本薬学会東北支部大会」において優秀ポスター賞 を受賞

武藤夏美さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo このような賞をいただ
くことができ、大変
嬉しく思います。
これもひとえに、先生方
をはじめ研究室の皆さん
のおかげと、深く感謝し
ています。
今後もより一層努力して
いきたいと思います。


   




★2017年10月:D2 高橋未来さん 「第16回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2017」において優秀発表賞 (大学院生の部)を受賞
詳細:「第16回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2 0 17優秀発表者」(PD・e)

高橋未来さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo このような素晴らしい賞を
いただき大変光栄に
思います。ご指導いただいて
いる研究室の先生方、また
学会で貴重なご質問・ご意見を
いただいた先生方に感謝
申し上げます。
今後もより一層努力して参り
たいと思います。


   




★2017年9月:B6武藤夏美さん 「フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー」において環境・衛生部・・V人賞を受賞

武藤夏美さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 今までの研究成果を評価
していただけたことが
大変嬉しいです。
これに満足することなく、
より一層研究に邁進した
いです。
日頃からお世話になって
いる先生方、研究室の
皆さんにに感謝しています。


   


・・017年9月:M1長岡恵多さん 「フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー」において優秀若手研究者賞を受賞

長岡恵多さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo この度はこのような賞を
頂けて大変光栄に思います。
スライド作りなどご協・ヘ
いただいたスタッフの
皆様に感謝申し上げます。
これで満足することなく、
今後もより一層頑張りたい
と思います。
ありがとうございました。


   


★2017年9月:M1鈴木沙季さん 「フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー」において優秀若手研究者賞を受賞

鈴木沙季さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 今回初めて発表賞を取る
ことができ、大変う・黷オく
思います。
発表にあたりご指導いた
だいた先生方に感謝
しています。
今後も、研究成果を発表
できるよう精進したいと
思います。


  


★2017年4月:B5松井稜祐さん 「日本薬学会第137年会」において優秀発表賞(口頭発表の部)を受・ワしまし・ス
詳細:優秀発表賞受賞者:日本薬学会137年会


★2017年4月:M2小久江洋輔さん 「日本薬学会第137年会」において優秀発表賞・i口頭発表の部)を受賞しました
詳細:優秀発表賞受賞者:・本薬学会137年会


★2016・N12月:M1土田芽衣さん 「第39回日本分子生物学会年会」において優秀ポスター賞を受賞しました


・・016年10月:M1小久江洋輔さん 「第55回日本薬学会東北支部大会」において優秀ポスター賞を受賞

小久江洋輔さん受賞写真&コメント

MB-Support logo このような賞を頂くことが
でき、非常に光栄に思い
ます。発表にあたり、ご指
導いただいた先生方に
感謝しています。
この賞を励みに、今後とも
精進していきたいと思い
ます。


   


★2016年9月:M1 土田芽衣さん 「第89回日本生化学会大会」において
若手優秀発表賞を受賞
詳細:「第89回日本生化学会大会 若手優秀受賞者」(PDF)

土田芽衣さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 素晴しい賞を頂くことが
でき、発表にあたって
ご指導頂いた先生方を
はじめ、研究室の皆様に
感謝しています。
今後さらに研究に励んで
いきたいと思います。


   


★2016年9月:M2 森下 徹さん 「第89回日本生化学会大会」(9月25-27日開催)において
若手優秀発表賞を受賞
詳細:「第89回・本生化学会大会 若手優秀受賞者」(PDF)

森下徹さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 二年連続で若手優秀発表
賞という素晴らしい賞を
頂くことができ、非常に
光栄に思います。
学会では多くの方から貴重
な意見を頂くことができ
ました。今回の受賞を励み
に、より一層日々の研究を
頑張りたいと思います。


   


★2016年9月:B5 西舘亜紀子さん 「フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー」(9月9-10日開催)において
環境・衛生部会 新人賞を受賞

西舘亜紀子さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 学会で初めて受賞することができ、
嬉しく思います。また、学会ではより良い
研究となるようにと助言を多く頂けた
ので、さらに励んでいきたいです。
今回発表するにあたりご指導いただいた
先生方に感謝致します。


   


★2016年9月:D1 高橋未来さん 「第17回Pharmaco-Hematologyシンポジウム」(9月4日)において学生・D秀発表賞を受賞

高橋未来さん・@受賞写真&コメント

MB-Support logo 日頃の研究成果が受賞に結び つき、大変嬉しく思います。
これを励みに、今後さらに精進
していきたいです。
貴重な発表の機会をいただき
ありがとうございました。



★2016年6月:D4阿部太紀さん 「第11回 国際薬物動態学会国際・E・c (11th International ISSX Meeting)」においてPredoctoral部門で発表賞第1位を獲得
詳細:「第11回 国際薬物動態学会国際会議 (11th International ISSX Meeting) Predoctoral部門発表賞第1位」(PDF)


★2015年12月:M1森下徹さん 「BMB2015(第38回分子生・ィ学会・EN会・第88回生化学会大会合同大会)」において若手優秀発表賞を受賞
詳細:「BMB2015 若手優秀発表賞」2ページ目に掲載(PDF)


★2015年9月:B4 土田芽衣さん 「第14回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2015」において最優秀発表賞 (学生の部)を受賞
詳細:・u第14回次世代を担う若手ファーマ・バイ・Iフォーラム2 0 1 5 優秀発表者」(PDF)

土田芽衣さん 受賞写真&コメント

MB-Support logo 学会の初めての口頭発表で
このような賞を受賞すること
ができて嬉しいです。
発表と質疑応答に同じ長さの
時間が設けられており・ル張
しましたが、貴重な経験が
できました。
これからも研究に励み、
さらなる受賞を目指したい
です。



このページの一番上へ
トップページへ戻る