最先端の合成テクノロジーに立脚した自在な構造展開を可能にする創薬拠点

ご挨拶

山口 雅彦  東北大学では創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業において制御拠点の一つとして「大型創薬研究基盤を活用した創薬オープンイノベーションの推進」を進めてきました。これまでに東北大学の化合物ライブラリーを利用したスクリーニングを行い,優れた創薬シーズになるヒット化合物を見出しています。構造展開を行い動物試験においても活性を示す有望な化合物について特許出願を行い,新規な創薬ターゲットのProof of Conceptの検証に向けて継続研究しているものもあります。今後さらに多様なヒット化合物が発見されることが予想され,構造展開を行う拠点として強化,整備が必要となっています。平成29年度から東北大学ではターゲット解析・スクリーニングと化合物ライブラリー・医薬品合成が密接に連携して日本のアカデミア発創薬拠点として活動を開始しました。とくに本拠点ではライブラリー・スクリーニング領域で見出されたヒット化合物を中心に,ソティフィスティケートした類縁体合成を展開し,最先端の合成テクノロジーに立脚した自在な構造展開により構造最適化を支援し,その技術の高度化に努めます。

研究開発代表者
東北大学大学院薬学研究科教授

山口 雅彦

Page Top