東北大学 大学院薬学研究科 薬理学分野


脳と身体は複雑な神経回路を形成し
記憶や情動などの情報を処理します
私たちは新しい技術を開発して
多彩な神経活動を記録し
基礎研究の発展を目指します

楽しく希望に満ちた脳研究

科学が発達した現代でも、脳のメカニズムは謎に包まれています。
脳疾患の病態解明や新薬開発に向けても、多くの研究が必要です。
だからこそ楽しく希望がある研究対象でもあります。
私たちの研究の1つ1つが、脳の理解に近づき、それを楽しみながら進めます。
また脳研究を通じて、様々な場で活躍できる薬学者の育成を目指します。

Topics

2022年
2022年5月26日
社交性にかかわる脳波パターンを解明(プレスリリースニュース報道新聞報道
2022年4月22日
博士課程1年の柳下晴也さんが日本薬学会第142年会にて学生優秀発表賞を受賞しました
2022年4月1日
有村奈利子准教授が着任しました
2022年4月1日
新メンバーが多数加入しました(メンバーリスト更新)
2022年4月1日
佐々木拓哉教授が医学系研究科の連携教員になりました。これに伴い、当分野が東北大学Neuro Global 国際共同大学院プログラムに参画しました
2022年3月31日
篠田康晴助教が福岡大学に異動しました
2022年3月29日
ムーンショットプロジェクト目標9(東北大学が中心メンバー)が採択されました
2022年3月25日
博士課程3年程岸さんが東北大学総長賞を受賞しました
2022年1月28日
「病は気から」のメカニズム「脳報酬系による末梢免疫系調節」の一端を解明
プレスリリース

2021年
2021年12月15日
博士課程3年程岸さんがInternational Graduate Student Conference in Pharmaceutical Sciences (Soochow University)でThe Best Poster Awardを受賞しました
2021年12月5日
博士課程4年賈文彬さんが第48回日本脳科学会奨励賞を受賞しました
2021年10月1日
メンバーリストを更新しました
2021年09月21日
JST CREST研究課題「多様な迷走神経情報から創発する内受容感覚の脳統合」
が採択されました
2021年09月10日
学術変革領域研究A「適応回路センサス」計画研究が採択されました
2021年07月01日
佐々木拓哉教授が着任しました。
2021年07月01日
研究室ホームページをリニューアルしました。