tohoku-logo  

title


 
 Japanese/English

 Top Page

 Member

 Research

 Completed
 Targets

 Publication

 Presentation

 Education

 Facility

 Photo

 Link

 

 

 

 

 

 

学会発表

2017年度  2016年度  2015年度  2014年度  2013年度  2012年度  2011年度 

2010年度  2009年度  2008年度  2007年度  2006年度


2017年度

2017年12月

Discorhabdin Vの全合成研究(口頭)
○野呂尭広,坂田樹理,徳山英利
第112回有機合成シンポジウム,2017年12月6-7日(東京),O-16

2017年9月

Total Syntheses of (–)-Histrionicotoxin and (–)-Histrionicotocin 235A via Radical Translocation Cyclization Cascade (Oral)
Manabu Sato, Hiroki Azuma, Akihiro Daigaku, Souta Sato, Kiyosei Takasu, Kentaro Okano, Hidetoshi Tokuyama
26th International Society of Heterocyclic Congress, September 3-8, 2017, Regensburg, Germany

ジケトピペラジンの立体制御に基づく(+)-Gliocladin C および T988 類の効率的全合成 (口頭)
植田浩史、佐藤壮一郎、平山 梓、徳山英利
第59回天然有機化合物討論会,2017年9月20-22日(札幌), 06

2017年7月

AgNTf2を用いたピロロインドール3a位の修飾法の開発と天然物合成への応用(ポスター、招待)
○袴田容章、佐藤壮一郎、清水瑛大、植田浩史、徳山英利
第29回万有札幌シンポジウム,2017年7月1日(札幌),P-2

2017年6月

Concise Synthesis of Anthracene Embedded Cycloparaphenylenes from Epoxide Precursor (Oral)
Naoya Miyamoto, Zhe Sun, Sota Sato, Hidetoshi Tokuyama, Hiroyuki Isobe
International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017, June 8-10th, 2017 (Ho Chi Minh City), ORG 66

AgNTf2を用いたピロロインドール3a位の修飾法の開発と天然物合成への応用(ポスター)
○袴田容章、佐藤壮一郎、清水瑛大、植田浩史、徳山英利
第28回万有仙台シンポジウム,2017年6月24日(仙台),P-13

AgNTf2を用いたピロロインドール3a位の修飾法の開発と天然物合成への応用(口頭、招待)
○袴田容章
万有札幌シンポジウム,「3地区交流院生ミニシンポジウム」,2017年6月30日(札幌)

2017年5月

オキシムスルホナートの環拡大反応を用いたインドール合成法の開発と(+)-CC-1065の全合成(口頭)
○坂田樹理,今泉 拓,山下有美,岡野健太郎,徳山英利
第15回次世代を担う有機化学シンポジウム,2017年5月26-27日(東京), 2-12

 

 

 

 

 

 

 

トップページ

 

Last Updated December 11, 2014