メニュー 閉じる

花だより

2021年7月14日 ベニバナの花が咲いています。

場所 標本区
和名 ベニバナ
科名 キク科
学名 Carthamus tinctorius Linn.
 乾燥させた花は紅花(コウカ)と呼ばれ、血行促進作用がある生薬として日本薬局方に収録されている。この生薬は養命酒にも含まれる。
ベニバナの花を摘んでから発酵、乾燥させたものが、紅色の染料や着色料(食品添加物、化粧品の口紅)の材料となる。

2021年7月14日 ウイキョウの花が咲き始めています。

場所 標本区
和名 ウイキョウ
科名 セリ科
学名 Foeniculum vulgare Miller
 地中海沿岸原産の多年草。英名のフェンネルとしても知られている。特異な芳香がありやや甘みがある。
 果実を生薬ウイキョウ(茴香)といい、芳香性健胃剤として安中散などに配合される。
 ハーブとして料理に用いることもできる。

2021年5月25日 シランの花が咲いています。

場所 標本区
和名 シラン
科名 ラン科
学名 Bletilla striata (Thunb)Reichb.
 観賞用としても栽培される多年生草本。シラン(紫蘭)という名前は花の色からきている。
塊茎を白及(ビャクキュウ)と称し薬用にする。吐血や慢性胃炎に効果がある他、鱗茎をすりおろし火傷や打撲傷に外用することもできる。