メニュー 閉じる

花だより

2021年5月25日 シランの花が咲いています。

場所 標本区
和名 シラン
科名 ラン科
学名 Bletilla striata (Thunb)Reichb.
 観賞用としても栽培される多年生草本。シラン(紫蘭)という名前は花の色からきている。
塊茎を白及(ビャクキュウ)と称し薬用にする。吐血や慢性胃炎に効果がある他、鱗茎をすりおろし火傷や打撲傷に外用することもできる。

2021年5月25日 カノコソウの花が咲きました。

場所 標本区
和名 カノコソウ
科名 オミナエシ科
学名 Valeriana fauriei Briq.
 山地の湿った草地にやや稀に生える多年草で、上から見ると絞り染めの鹿の子絞りの模様に似ていることから「鹿の子草」と呼ばれるようになった。
根と球根は吉草根という生薬になり、日本薬局方にも収録され、ヒステリーなどに対する鎮静作用、睡眠の改善作用、りラックス効果がある。独特な香りを持つ。

2021年5月25日 アマの花が咲いています。

場所 標本区
和名 アマ
科名 アマ科
学名 Linum usitatissimum L.
 日本では江戸時代に種を薬として使うために限られた範囲で栽培され、明治から昭和初期にかけて繊維用に北海道で広く栽培された。
種子を民間薬として皮膚のかゆみに外用される。
種子から抽出される亜麻仁油はオメガ3脂肪酸を豊富に含み食用としても利用され、絵の具のバインダーや木製品や皮革の仕上げにも用いられる。

お知らせ