メニュー 閉じる

学費、生活費、アルバイトなど

学費

  • 入学金 282,000 円
  • 授業料 535,800 円(年額)

奨学金(日本学生支援機構)

  • 第一種奨学金(無利息)

・平成30年度以降入学者

学部生(自宅)20,000円,30,000円,45,000円
学部生(自宅外)20,000円,30,000円,40,000円,51,000円
大学院前期50,000円,88,000円
大学院後期80,000円,122,000円

・平成29年度以前入学者

学部生(自宅)30,000円,45,000円
学部生(自宅外)30,000円,45,000円,51,000円
大学院前期50,000円,88,000円
大学院後期80,000円,122,000円
  • 第二種奨学金(利率 上限年3%)
学部生20,000 円~120,000 円まで1万円単位で選択
大学院生(前期,後期)50,000 円,80,000 円,100,000 円,130,000 円,150,000円
  • 日本学生支援機構奨学金令和4年度大学院貸与奨学生の募集について(在学採用)【2022/04/08】

 大学院生を対象として、下記のとおり募集します。
希望する学生は、「出願要項」を参照して教務係へ書類を提出してください。

大学院貸与奨学生の募集について
出願要項
貸与奨学金 案内・様式

※新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生は、添付ファイルを参照の上、教務係まで申し出てください。申込書類と提出期限は在学定期採用に準じます。

【該当者のみ】新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について

  • 日本学生支援機構奨学金令和4年度学部奨学生(貸与・給付・併用)の募集について【2022/4/8】

学部生(3年生以上)を対象として、下記のとおり募集します。
希望する学生は、以下を参照して教務係へ書類を提出してください。
なお、新型コロナウイルスの影響により、締切までの対応が困難である場合は薬学部教務係(pharm-kyom@grp.tohoku.ac.jp)までご連絡ください。

日本学生支援機構奨学生の募集について
貸与・給付 在学定期採用申込手続きについて
R4日本学生支援機構奨学金(貸与・給付)案内・様式

日本学術振興会特別研究員

この制度は、大学院後期課程学生に応募資格があり、本研究科では毎年度3名程度の学生が採用されています。 研究奨励金は月額 200,000 円(平成18年度実績)が支給されています。

ティーチングアシスタント

この制度は、本研究科に在学する優秀な学生に対し、教育配慮の下に学部学生等に対する実験、実習及び演習等における教育補助的業務を行わせ、これに対する給与の支給により大学院学生の処遇改善に資するとともに、大学教育の充実及び指導者としてのトレーニングの機会を与えることを目的としており、平成21年度 は前期課程学生153名、後期課程学生20名が採用されています。

アルバイト

希望する学生には大学側でも窓口を設けてアルバイトを紹介しています。ちなみに、仙台での家庭教師のアルバイト代は 1,500-2,500 円(時給換算)程度です。

博士課程後期学生の包括的な経済支援パッケージ

博士課程における本学の主な経済支援の概要や支援状況等については、下記を確認してください。

博士課程後期学生の包括的な経済支援パッケージについて
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/studentinfo/studentlife/12/studentlife1201/2019_keizai_shien.pdf