Publications

Representative publications

研究室教員セミナー。

研究室の教員3名が、それぞれ学生の時から今までどのような研究をしてきたか、ま […]

新期スタートの集合写真。

10月1日から研究室は3年目に入ります。早いものです。3年生は、薬学科 (6 […]

第63回天然有機化合物討論会。

本日、M1の本間くんが、天然有機化合物討論会で口頭発表しました。天然有機化合 […]

尾崎先生が着任しました。

尾崎太郎先生が薬学研究科の准教授として着任致しました。北海道大学の及川先生の […]

お中元。

山本くんからお中元もらいました。皆で美味しく頂きます。ありがとう。 山本くん […]

実験室の改修。

第一研究室を大規模に改修しました。実験台は予算の関係上、上部のみになりました […]

Research articles

2020

Genome Mining-Based Discovery of Fungal Macrolides Modified by Glycosylphosphatidylinositol (GPI)-Ethanolamine Phosphate Transferase Homologues
Morishita, Y., Aoki, Y., Ito, M., Hagiwara, D., Torimaru, K., Morita, D., Kuroda, T., Fukano, H., Hoshino, Y., Suzuki, M., Taniguchi, T., Mori, Keiji., Asai, T.*
Org. Lett. 2020 22, doi.org/10.1021/acs.orglett.0c01975

Synthetic biology based construction of biological activity-related library of fungal decalin-containing diterpenoid pyrones
Tsukada, K., Shinki, S., Kaneko, A., Murakami, K., Irie, K., Murai, M., Miyoshi, H., Dan, S., Kawaji, K., Hayashi, H., Kodama, E. N., Hori, A., Salim, E., Kuraishi, T., Hirata, N., Kanda, Y., Asai, T.*
Nature Commun. 11, Article number: 1830 (2020), doi: 10.1038/s41467-020-15664-4.

Synthetic-biology-based discovery of fungal macrolide from Macrophomina phaseolina
Morishita, Y., Sonohara, T., Taniguchi, T., Adachi, K., Fujita, M., Asai, T.*
Org. Biomol. Chem. 2020, 18, doi: 10.1039/D0OB00519C

2019

Chemical Activation of Natural Product Biosynthesis in Filamentous Fungi
Teigo Asai
Comprehensive Natural Products III: Chemistry and Biology, Vol. 7, Elsevier, in press (2019).

The Discovery of Fungal Polyene Macrolides via a Postgenomic Approach Reveals a Polyketide Macrocyclization by trans-Acting Thioesterase in Fungi
Yohei Morishita, Huiping Zhang, Tohru Taniguchi, Keiji Mori, Teigo Asai*
Org. Lett. 2019, 21, 4788−4792.

Post-genomic approach based discovery of alkylresorcinols from a cricket-associated fungus, Penicillium soppi
Akiho Kaneko, Yohei Morishita, Kento Tsukada, Tohru Taniguchi, Teigo Asai*
Org. Biomol. Chem. 2019, 17, 5239 – 5243.

Use of plant hormones to activate silent polyketide biosynthetic pathways in Arthrinium sacchari, a fungus isolated from a spider
Y. Morishita, Y. Okazaki, Y. Y. Luo., J. Nunoki, T. Taniguchi, Y. Oshima, T Asai*
Org. Biomol. Chem. 2019, 17, 780-784.

2018

Pazopanib-induced crystal deposition in intestinal mucosa in a patient with retroperitoneal liposarcoma.
Shigemitsu Horie, Hayato Nishida*, Toshihiko Sakurai, Osamu Ichiyanagi, Tomoyuki Kato, Makoto Yagi, Takanobu Kabasawa, Teigo Asai and Norihiko Tsuchiya.
International Journal of Urology 2018, doi: 10.1111/iju.13567.

2016

A lanthipeptide-like N-terminal leader region guides peptide epimerization by radical SAM epimerases – implications for RiPP evolution.
S. W. Fuchs, G. Lackner, B. I. Morinaka, Y. Morishita, T. Asai, S. Riniker, J. Piel*.
Angew. Chem. Int. Ed.
2016, 55, 12330-12333
.

Epigenetic stimulation of polyketide production in Chaetomium cancroideum by an NAD+-dependent HDAC inhibitor.
T. Asai*, S. Morita, T. Taniguchi, K. Monde, Y. Oshima*.
Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 646-651.

2015

Use of a biosynthetic intermediate to explore the chemical diversity of pseudo-natural fungal polyketides.
T. Asai*, K. Tsukada, S. Ise, N. Shirata, M. Hashimoto, I. Fujii, K. Gomi, K. Nakagawara, E. N. Kodama, Y, Oshima*.
Nature Chem. 2015, 7, 737-743.

2013

Structures of Spiroindicumides A and B, Unprecedented Carbon Skeletal Spirolactones, and Determination of the Absolute Configuration by Vibrational Circular Dichroism Exciton Approach.
T. Asai*, T. Taniguchi, T, Yamamoto, K. Monde, Y. Oshima*.
Org. Lett. 2013, 15, 4320–4323.

Suberoylanilide Hydroxamic Acid, a Histone Deacetylase Inhibitor, Induces the Production of Anti-inflammatory Cyclodepsipeptides from Beauveria felina. Y. M. Chung, M. E. Shazly, D. W. Chuang, T. L. Hwang, T. Asai, Y. Oshima, M. L. Ashour, Y. C. Wu, F. R. Chang*.
J. Nat. Prod. 2013, 76, 1260–1266.

Structurally Diverse Chaetophenol Productions Induced by Chemically Mediated Epigenetic Manipulation of Fungal Gene Expression.
T. Asai*, T. Yamamoto, N. Shirata, T. Taniguchi, K. Monde, I. Fujii, K. Gomi, Y. Oshima*.
Org. Lett. 2013, 15, 3346-3349.

An epigenetic modifier enhances the production of anti-diabetic and anti-inflammatory sesquiterpenoids from Aspergillus sydowii.
Y. M. Chung, C. K. Wei, D. W. Chuang, M. E. Shazly, C. T. Hsieh, T. Asai, Y. Oshima, T. J. Hsieh, T. L. Hwang, Y. C. Wu, F. R. Chang*.
Bioorg. Med. Chem. 2013, 21, 3866-3872.

Benzophenones from an Endophytic Fungus, Graphiopsis chlorocephala, from Paeonia lactiflora Cultivated in the Presence of an NAD+-Dependent HDAC Inhibitor.
T. Asai*, S. Otsuki, H. Sakurai, K. Yamashita, T. Ozeki, Y. Oshima*.
Org. Lett. 2013, 15, 2058-2061.

Structures and absolute configurations of short-branched fatty acid dimers from an endophytic fungus of Aloe arborescens.
T. Asai*, S. Otsuki, T. Taniguchi, K. Monde, K. Yamashita, H. Sakurai, T. Ozekid, Y. Oshima*.
Tetrahedron Lett. 2013, 54, 3402-3405.

Structures and Biomimetic Synthesis of Novel a-Pyrone Polyketides of an Endophytic Penicillium sp. in Catharanthus roseus.
T. Asai*, D. Luo, K. Yamashita, Y. Oshima*.
Org. Lett. 2013, 15, 1020-1023.

2012

Structural Diversity of New C13-Polyketides Produced by Chaetomium mollipilium Cultivated in the Presence of a NAD+-Dependent Histone Deacetylase Inhibitor
T. Asai*, S. Morita, N. Shirata, T. Taniguchi, K. Monde, H. Sakurai, T. Ozeki, Y. Oshima*.
Org. Lett. 2012, 14, 5456-5459.

Cyclic glycolipids from glandular trichome exudates of Cerastium glomeratum.
T. Asai, Y. Nakamura, Y. Hirayama, K. Ohyama, Y. Fujimoto*.
Phytochemistry 2012, 82, 149-157.

Highly oxidized ergosterols and isariotin analogs from an entomopathogenic fungus, Gibellula formosana, cultivated in the presence of epigenetic modifying agents.
T. Asai*, Y. M. Chung, H. Sakurai, T. Ozeki, F. R. Chang, Y. C. Wu, K. Yamashita, Y. Oshima*.
Tetrahedron 2012, 68, 5817-5823.

Epi-a-bisabolol 6-deoxy-b-D-gulopyranoside from the glandular trichome exudate of Brillantaisia owariensis.
T. Asai, Y. Hirayama, Y. Fujimoto*.
Phytochemistry Lett. 2012, 5, 376-378.

Aromatic Polyketide Production in Cordyceps indigotica, an Entomopathogenic Fungus, Induced by Exposure to a Histone Deacetylase Inhibitor.
T. Asai*, T. Yamamoto, Y. Oshima*.
Org. Lett. 2012, 14, 2006-2009.

Dihydrobenzofurans as cannabinoid receptor ligands from Cordyceps annullata, an entomopathogenic fungus cultivated in the presence of an HDAC inhibitor.
T. Asai*, D. Luo, Y. Obara, T. Taniguchi, K. Monde, K. Yamashita, Y. Oshima*.
Tetrahedron Lett. 2012, 53, 2239-2243.

Tenuipyrone, a Novel Skeletal Polyketide from the Entomopathogenic Fungus, Isaria tenuipes, Cultivated in the Presence of Epigenetic Modifiers.
T. Asai*, Y. M. Chung, H. Sakurai, T. Ozeki, F. R.Chang, K. Yamashita, Y, Oshima*.
Org. Lett. 2012, 14, 513-515.

Aromatic polyketide glycosides from an entomopathogenic fungus, Cordyceps indigotica.
T. Asai*, T. Yamamoto, Y. M. Chung, F. R. Chang, Y. C. Wu, K. Yamashita, Y. Oshima*.
Tetrahedron Lett. 2012, 53, 277-280.

2011

Histone deacetylase inhibitor induced the production of three novel prenylated tryptophan analogs in the entomopathogenic fungus, Torrubiella luteorostrata.
T. Asai*, T. Yamamoto, Y. Oshima*.
Tetrahedron Lett. 2011, 52, 7042-7045.

2-Acety-1-(3-glycosyloxyoctadecanoyl)glycerol and dammarane triterpenes in the exudates from secretary organs on the stipules and leaves of Cerasus yedoensis,
T. Asai, Y. Fujimoto*.
Phytochemistry Lett. 2011, 15, 38-42.

n-Octyl a-L-rhamnopyranosyl-(1→2)-β-D-glucopyranoside derivatives from the glandular trichome exudate of Geranium carolinianum,
T. Asai, T. Sakai, K. Ohyama, Y. Fujimoto*.
Chem. Pharm. Bull. 2011, 59, 747-752.

~2010

Cyclic fatty acyl glycosides in the glandular trichome exudate of Silene gallica.
T. Asai, Y. Fujimoto*.
Phytochemistry, 2010, 71, 1410-1417.

Fatty acid derivatives and dammarane triterpenes from the glandular trichome exduates of Ibicella lutea and Proboscidea louisiana.
T. Asai, N. Hara, Y. Fujimoto*
Phytochemistry, 2010, 71, 877-894.

Artabotryols A-E, new lanostane triterpenes from the seeds of Artabotrys odoratissimus
C. Gupta, S. Prasad, M. Sahai, T. Asai, N. Hara, Y. Fujimoto.
Helv. Chim. Acta, 2010, 93, 1925-1932.

Acylglycerols (=glycerides) from the glandular trichome exudate on the leaves of Paulownia tomentosa.
T. Asai, N. Hara, S. Kobayashi, S. Kohshima, Y. Fujimoto*.
Helv. Chim. Acta, 2009, 92, 1473-1492.

Geranylated flavanones from the secretion on the surface of the immature fruits of Paulownia tomentosa.
T. Asai, N. Hara, S. Kobayashi, S. Kohshima, Y. Fujimoto*.
Phytochemistry. 2008, 69, 1234-1241.

Radermachol and naphthoquinone derivatives from Tecomella undulata: complete 1H and 13C NMR assignments of radermachol with the aid of computational 13C shift prediction.
P. Singh, P. Khandelwal, N. Hara, T. Asai, Y. Fujimoto*.
Ind. J. Chem. Sec B, 2008, 47B, 1865-1870.

Anti-herbivore structures of Paulownia tomentosa: morphology, distribution, chemical constituents, and changes during shoot and leaf development.
S. Kobayashi, T. Asai, Y. Fujimoto, S. Kohshima*.
Ann. Botany, 2008, 101, 1035-1047.

Further studies on the constituents of the gorgonian octocoral Pseudopterogorgia elisabethae collected in San Andres and Providencia islands, Colombian Caribbean: isolation of a putative biosynthetic intermediate leading to erogorgiaene.
C. Duque, M. Puyana, L. Castellanos, A. 5. Arias, H. Correa, O. Osorno, T. Asai, N. Hara, Y. Fujimoto*.
Tetrahedron, 2006, 62, 4205-4213.

Hyosmin, a new lignan from Hyocyamus niger L.
A. S. Begum, S. Verma, M. Sahai, T. Asai, N. Hara, Y Fujimoto*.
J. Chem. Res., 2006, 675-677.

Apollineanin: a new flavanone from Tephrosia apollinea.
A. Hisham, S. John, W. Shuaily, T. Asai, Y. Fujimoto.
Nat. Prod. Res., 2006, 20, 1046-1052.

A new kaempferol diglycoside from Datura suaveolens Humb. & Bonpl. ex. Willd.
A. S. Begum, M. Sahai, Y. Fujimoto, T. Asai, K. Schneider, G. Nicholson, R. Suessmuth*.
Nat. Prod. Res., 20, 2006, 1231-1236.

Hyosgerin, a new optically active coumarinolignan, from the seeds of Hyosymus niger.
S. Begum, M. Sahai, R. Suessmuth, T. Asai, N. Hara, Y. Fujimoto*.
Chem. Pharm. Bull., 2006, 54, 538-541.

Reviews

•単離•構造決定に立脚する天然物化学研究
浅井禎吾.
有機合成化学協会誌, 天然物化学特集号, 2018, 76 406-409.

•エピジェネティック制御を利用する新規医薬資源の開拓
浅井禎吾,大島吉輝.
生化学 「みにれびゅー」, 2016, 88, 643-648.

•微生物の可能性を開拓する−多様な新奇化合物合成のための新しいアプローチ−
浅井禎吾,大島吉輝.
現代化学 「解説」, 2016, 9, 21-26.

•ケミカルエピジェネティクスによる未利用生合成遺伝子の活用と多様な天然物の創出.
浅井禎吾,大島吉輝.
ファルマシア「最前線」2014, 50, 112-116.

•糸状菌二次代謝のエピジェネティック制御と天然物探索.
浅井禎吾, 大島吉輝.
化学と生物, 2013, 1, 13-21.

Invited Lecture

2021

“天然物の合成生物学研究と医薬シーズ探索”
第 9 回 Chem Bio Joint Seminar 2021, オンライン, 2021年8月7日.

2020

Post-genomic discovery of fungal natural products based on genomemining and heterologous expression
140回日本薬学会年会 Cutting-edge natural product chemistry -next generation biomolecule redesign, Kyoto International Conference Center, 2020年3月27日 (中止).

2019

“糸状菌ゲノム情報に基づくポストゲノム型天然物探索研究”
日本放線菌学会 第66回学術講演会, 理研和光, 2019年11月29日.

“糸状菌生合成を利用する多様な分子創生”
第14回ナノ・バイオメディカル学会, 東大先端研, 2019年11月18日.

“糸状菌ゲノム情報を活用するポストゲノム型天然物探索研究”
第102回日本細菌学会関東支部総会, 松本歯科大学, 2019年10月4日.

“Comprehensive production of fungal diterpenoid pyrones based on pathway level combinatorial biosynthesis”
Let’s leap! Challenge in Organic Chemistry. 東大理学部化学科, 2019年4月20日.

“新たな医薬資源を開拓する糸状菌ポストゲノム型天然物探索研究”
第139回日本薬学会年会シンポジウム「生体分子骨格リデザインで挑む次世代創薬研究」, 千葉, 2019年3月22日.

2018

“糸状菌ポストゲノム型天然物探索研究”
日産化学勉強会, 埼玉, 2018年12月.

“糸状菌二次代謝経路の再構築と再設計による医薬シーズ創生研究”
駒場サイエンス倶楽部, 東京, 2018年12月.

“麹菌異種発現系を基盤とする人工代謝経路の構築と 抗がん活性擬天然物の創生研究”
生合成リデザイン第5回公開シンポジウム, 千葉,  2018年12月.

“糸状菌未利用生合成遺伝子を活用するポストゲノム型天然物探索”
バイオインダストリー協会“未来へのバイオ技術”勉強会, 東京, 2018年12月.

“医薬資源の開拓を指向する麹菌異種生産系を基盤としたポストケノム型天然物探索研究”
アステラス病態代謝研究科, 竹中奨励賞受賞講演, 東京, 2018年10月.

Discovery of natural products based on re-construction and re-designing of fungal cryptic biosynthetic gene clusters in Aspergillus oryzae
Japanese-German Symposium in September 2018, Bonn, Germany, 2018, Sep.

“糸状菌未利用生合成遺伝子を活用するポストゲノム型天然物探索研究”
公益社団法人新化学技術推進協会「ライフサイエンス技術部会反応分科会 講演会」, 東京, 2018年8月.

“麹菌異種発現を基盤とする天然物探索研究”
筑波大学 糸状菌相互応答学セミナー, つくば, 2018年7月.

“糸状菌未利用生合成遺伝子を活用するポストゲノム型天然物探索研究”
大鵬薬品工業株式会社 社内研修会, つくば, 2018年7月.

“ポストゲノム型天然物探索研究”
駒場サイエンス倶楽部, 東京, 2018年7月.

“天然物探索研究の最先端”
東京大学大学院薬学研究科_講演会, 東京, 2018年5月.

“Natural Product Discovery by Heterologous Expression of Cryptic Biosynthetic Pathway in Aspergillus oryzae
4th International Symposium for Medicinal Sciences (ISMS), Mar 26 , 2018, Kanazawa, Japan

“麹菌異種発現を基盤とする天然物探索研究”
日本農芸化学会2018年度名古屋大会 シンポジウム”先進解析技術が拓く糸状菌研究~若手研究者が照らすフロンティア~,3月18日, 名城大学,塩釜口キャンパス

“糸状菌未利用生合成遺伝子を活用するポストゲノム型天然物探索研究”
第393回CBI学会講演会, 3月16日, 東京,田町.

“未利用生合成遺伝子を活用する糸状菌二次代謝物の探索研究”
日本マイコトキシン学会第81回学術講演会, 1月11日, 東京理科大学,金町キャンパス.

2017

“糸状菌未利用生合成遺伝子を活用する天然物探索”, 10月31日,特別講義@熊本大学大学院生命科学研究部

“Non-Enzymatic Polyketide Dimerization Reactions Generating Structurally Diverse pseudo-Natural Products”
1st China-Japan Joint Symposium on Natural Product Biosynthesis, October 2 & 3, 2017, Hotel Nikko Shanghai, Shanghai

“未利用生合成遺伝子を活用する多様な天然物および擬天然物の創生研究”
第5回 バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム, 9月, 東大.

“天然資源から新しい化合物を探索する”
イノチオフォールディングス研究所セミナー

“糸状菌の未利用生合成遺伝子を活用する天然物探索研究”
第12回化学生態学研究会, 6月, 函館

“糸状菌休眠遺伝子を活用する多様な天然物の創出研究”
農工大若手講演会, 4月, @東京農工大学

2016

“休眠型糸状菌二次代謝物の開拓を基盤とする創薬シーズ探索”
第60回日本薬学会関東支部大会,【若手シンポジウム】「薬学に貢献する生合成研究」,東大,9/17

“糸状菌の未利用生合成遺伝子を活用するポストゲノム型天然物探索”
生命理工学融合セミナー2016-若手から発信するナノサイエンス-,東工大すずかけ台キャンパス,8/29

“多様な非天然型ポリケタイドの半合成ー低収率反応物からのものとり”
高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物関連シンポジウム , 理研横浜研究所,7/19

“休眠遺伝子を活用する天然物探索-新しいケミカルスペースを求めて”
第54回ヒューマンサイエンス振興財団 バイオインターフェース,5/31

“糸状菌未利用生合成遺伝子を活用するポストゲノム型天然物探索”
第4回慶応シンポジウム,矢上キャンパス,5/7

“天然物多様性拡大へのチャレンジ—多様性指向型ランダム活性化と標的指向型ポストゲノム型天然物探索—”
東京大学大学院薬学研究科天然物化学教室講演会 #76,4/28

“糸状菌休眠型生合成経路を活用する新たな天然物ケミカルスペースの開拓”
薬研究における天然物化学のミッションと新潮流,日本薬学会第136回年会, 3/27

“エピジェネティック制御を利用した糸状菌未利用遺伝子の活用と多様な天然物の創出”
日本薬学会第136回年会, 平成28年度奨励賞受賞講演, 3/28

“Expanding the Chemical Diversity of Fungal NR-PKS Products”
The 8th Korea-Japan Chemical Biology symposium, Jan. 19th, 2016, Naha, Okinawa, Japan, Young Scientist Award

2015

“糸状菌ゲノムに眠る新規二次代謝物をどうやってとるか”
日本薬学会東北支部主催第 14 回化学系若手研究者セミナー 2015 年 9 月 5 日

2014

“糸状菌の未利用遺伝子資源を活用する新規天然物の探索”
第2回 糸状菌分子生物学研究会若手の会、2014年11月14日,仙台

“糸状菌の休眠遺伝子をいかにして「ものとり」に活用するか―二次代謝誘導と天然物探索”
第20回天然薬物の開発と応用シンポジウム、2014年11月5日

“エピジェネティック制御を介した休眠遺伝子の活用と構造多様な天然物の創出”
社団法人新化学技術推進協会 ライフサイエンス技術部会 反応分科会講演会、2014年6月27日

“Induced Production of Novel Fungal Secondary Metabolites by Using Chemical Epigenetic Merthod”
1st US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products For Young Researcher. March 2-3. (Tokyo)

“Exploitation of Novel Secondary Metabolites by Using Chemically Mediated Epigenetic Manipulation”
The 3rd Dalian University of Technology – Tohoku University Joint Synpojium in Chemistry, Dec. 19. (Sendai)

2013

“ケミカルエピジェネティクスを利用する多様な新規二次代謝物の探索”
第24回微生物資源ワークショップ,2013年11月23日 (神奈川,玉川大).

“ケミカルエピジェネティクスを利用した糸状菌二次代謝活性化と多様な天然物の創出”
東京大学薬学研究科天然物化学教室講演会.東京,  6月.

“新規生合成マシナリー開拓を志向した未利用生合成遺伝子活性化による天然物多様性の創出”
生合成マシナリー第5回公開シンポジウム.札幌, 6月.

2012

“糸状菌二次代謝のエピジェネティック制御を利用する構造多様な新規天然物の創出”
大島吉輝先生の還暦を記念する第1回創薬を指向した医薬資源の探索と応用に関するシンポジウム. 仙台. 10月

Presentations

研究成果発表

2021年度

2020年度

2019年度

天然有機化合物討論会

第63回,大阪 (9月16日, オンライン, 口頭)
“ゲノムマイニングを基盤とする糸状菌デプシペプチドの探索”
◯本間悠人, 森下陽平, 塚田健人, 菅原章公, 浅井禎吾.

第62回,名古屋 (9月22日から24日, オンライン, 口頭)
“ホスホエタノールアミン転移酵素を指標とする糸状菌マクロライドのポストゲノム型探索研究”
◯森下陽平, 青木優, 伊藤芽衣, 森啓二, 谷口透, 浅井禎吾.

第61回,広島 (口頭)
“糸状菌ジテルペノイドピロン類のコンビナトリアル生合成と生物活性評価”
◯塚田健人, 金子秋穂 , 新木翔之, 河治久美, 林宏典, 児玉栄一, 倉石貴透, 村井正俊, 三芳秀人, 村上一馬, 入江一浩, 平田尚也, 諫田泰成, 浅井禎吾.

第60回,福岡 (口頭)
“糸状菌マクロライド化合物のポストゲノム型天然物探索”
◯森下陽平,伊藤芽衣,青木優,浜口昌武,張恵平,清水公徳,浅井禎吾

第59回,札幌 (ポスター)
“糸状菌ジテルペノイドピロン類のポストゲノム型天然物探索”
◯塚田健人,新木翔之,金子秋穂,森下陽平,矢口貴志,萩原大祐,大島吉輝,浅井禎吾.

第58回,仙台 (ポスター)
“ジョロウグモ内生糸状菌のポストゲノム型天然物探索”
◯浅井禎吾,塚田健人,森下陽平,伊藤史織,網谷雄志,岡崎裕亮,児玉栄一,大島吉輝.

第57回,横浜 (口頭)
“リボソーム標的薬剤耐性糸状菌が生産する休眠型新規二次代謝物の探索”
◯山本崇史,森下陽平,網谷雄志,塚田健人,浅井禎吾,大島吉輝.

第56回,高知 (口頭))
“糸状菌NR-PKSが生合成する芳香族ポリケタイド中間体を活用した多様な分子構造への展開”
◯浅井禎吾,塚田健人,橋元誠,藤井勲,五味勝也,大島吉輝.

第55回,京都  (ポスター)
“植物,節足動物内生糸状菌のエピジェネティックな二次代謝活性化による新規天然物の探索”
◯浅井禎吾,羅丹,大槻紗恵,布木純,大島吉輝.

第54回,東京 (奨励賞, ポスター)
“エピジェネティクスを制御する化学修飾酵素阻害剤を用いた多様な糸状菌ポリケチドの創生”
◯浅井 禎吾, 山本 崇史, 森田 峻太郎,白田 直樹,大島 吉輝.

第53回,大阪 (口頭)
“エピジェネティック制御に基づく新規二次代謝物の創出”
◯浅井禎吾, 山本崇史,Chung Yu-Ming,羅丹,森田峻太郎,白田直樹,山下幸和,大島吉輝.

第50回,福岡 (ポスター)
“腺毛分泌物の成分研究”
◯浅井禎吾,原 典行,小林左和,幸島司郎,藤本善徳

日本薬学会年会

第141回,広島
Chaetomium属菌のゲノム上にコードされた新規デプシペプチドの獲得”
◯本間悠人, 森下陽平, 塚田健人, 浅井禎吾. (口頭)

“ゲノムマイニングと異種発現を用いたHymeglusinの生合成研究”
◯廣川瑞樹, 森下陽平, 塚田健人, 浅井禎吾. (口頭)

第139回,千葉
“糸状菌未利用TypeIIIPKSクラスターに着目するポストゲノム型天然物探索”
◯金子秋穂, 浅井禎吾.

第138回,金沢
“糸状菌マクロライド天然物のポストゲノム型探索研究”
◯森下陽平, 浅井禎吾.

“生合成遺伝子クラスターの麹菌内再編成による非天然型ジテルペノイドピロン類の創生研究”
◯塚田健人, 新木翔之, 金子秋穂, 大島吉輝, 浅井禎吾.

“ゲノムマイニングと麹菌異種発現系を利用する Fusarium 属および Macrophomina 属糸状菌の新規ジテルペノイド類の探索”
◯新木翔之, 塚田健人, 浅井禎吾.

“植物および昆虫病原性糸状菌が生産する THF 環を有するジテルペノイド類の麹菌異種生産”
◯金子秋穂, 塚田健人, 浅井禎吾.

“麹菌異種発現系を用いる新規ポリケタイド二量体の創生研究”
岡崎裕亮, 塚田健人, ◯浅井禎吾.

“麹菌異種発現系を利用する非天然型芳香族ポリケタイド化合物の創生研究”
◯青木優, 塚田健人, 森下陽平, 浅井禎吾.

第137回,仙台
“サイトカイニンによるジョロウグモ内生糸状菌の二次代謝活性化”
◯森下陽平, 岡崎裕亮, 大島吉輝, 浅井禎吾
(学生優秀講演賞)

“ジョロウグモ内生糸状菌のゲノムマイニングによる新規天然物探索”
◯塚田 健人,伊藤 史織,網谷 雄志,大島 吉輝,浅井 禎吾.

第135回年会,神戸
“NR-PKSが生合成する芳香族ポリケタイドの構造的特性の活用:非天然型indole-polyketideハイブリッド化合物群の創生”
◯伊勢里美,塚田健人,浅井禎吾,大島吉輝.

“二次代謝活性型糸状菌の効率的な作成と選抜:ランダム突然変異導入とハイグロマイシン耐性選抜”
◯森下陽平,浅井禎吾,大島吉輝.
(学生優秀講演賞)

“突然変異導入による休眠型糸状菌二次代謝物の生産誘導と新規天然物探索”
◯山本崇史,浅井禎吾,大島吉輝.

第134回年会, 熊本
“Chaetophenol類の生合成とエピジェネティック制御に関する研究”
◯浅井禎吾,白田直樹,森田峻太郎,塚田健人,藤井勲,五味勝也,大島吉輝.

“糸状菌の単純芳香族ポリケタイドから複雑な二量体ポリケタイドの創生”
◯塚田健人,浅井禎吾,白田直樹,藤井勲,五味勝也, 大島吉輝.

“ツツジ科植物内生糸状菌を資源とした新規天然物の探索”
◯大槻紗恵,浅井禎吾,山下幸和, 大島吉輝.

“エピジェネティックな二次代謝活性化法を利用するイチイ内生糸状菌からの新規生物活性物質の探索”
◯布木純,浅井禎吾,山下幸和,河治久実,児玉栄一,大島吉輝.

第133回年会, 横浜
“HDAC阻害剤を用いた多様な糸状菌ポリケチド類の創出―Chetomium indicum 由来スピロラクトン型新規ポリケチド類の単離構造決定”
◯山本崇史,浅井禎吾,谷口透,門出健次,山下幸和,大島吉輝.

“糸状菌二次代謝を活性化するNAD+依存型HDAC阻害剤の探索とそれを用いた新規天然物の創出”
◯森田峻太郎,浅井禎吾,谷口透,門出健次,櫻井博章,尾関智二,山下幸和,大島吉輝.

第132回年会,札幌
“エピジェネティック制御を利用した新規有用物質の探索; 昆虫寄生糸状菌Isaria tenuipes由来新規四環式ポリケチドtenuipyroneの単離構造決”
◯浅井禎吾, Chung Yu-Ming, 櫻井博章, 尾関智二, 山下幸和, 大島吉輝.

“HDAC阻害剤を用いた昆虫寄生糸状菌Cordyceps indigoticaおよび植物内生糸状菌Chaetomium indicum由来新規芳香属ポリケチドの創出”
◯山本崇史,浅井禎吾,山下幸和,大島吉輝.
(学生優秀講演賞)

“エピジェネティック制御を利用した新規有用物質の探索; 昆虫寄生糸状菌Cordyceps annullataの生産する新規ジヒドロベンゾフラン類の構造とCB受容体アゴニスト活性”
◯羅丹,浅井禎吾,山下幸和,大島吉輝.

第131回年会,静岡
“エピジェネティックな遺伝子発現制御を利用した新規有用物質の創出”
◯浅井禎吾,山本崇史,鐘ユーミン,森田峻太郎,羅丹,山下幸和,大島吉輝.

国際学会

International Synposium on Natural Products for the Future 2016 (ISNPF2016), Tokushima.
“Development of Approaches for Activating Fungal Cryptic Secondary Metabolites Production Based on Random Mutation and Chemical Induction”
◯Yohei Morishita, Takeshi Amiya, Takashi Yamamoto, Yoshiteru Oshima, Teigo Asai.

◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯